• HOME
  • Articles
  • CINEMANAUT
  • 「LION ライオン 25年目のただいま」世界を驚かせた実話を元に描く感動のストーリー
LION ライオン 25年目のただいま ニコール・キッドマン

「LION ライオン 25年目のただいま」世界を驚かせた実話を元に描く感動のストーリー

LION MOVIE オフィシャル・インスタグラムより

ストーリー

オーストラリアの裕福な家庭で養子として育った青年サルーはある日、自分の故郷は迷子になったカルカッタではなく、別の場所だったことを思い出す。
だが5歳で迷子になった彼の記憶は曖昧かつ断片的で、記憶にある地名で探しても故郷がどこなのかわからない。サルーは友人の助言でグーグルアースで故郷を探し始めるが、それは同時に彼の生みの母親や兄妹への想いを辿る旅となるのだった。

実の家族への想いと養父母への想い

LION MOVIE オフィシャル・インスタグラムより

当時、故郷から遠く離れたカルカッタで迷子になったサルーは行くあてもなく、路上生活を強いられるがそれは5歳の子どもにはあまりにも過酷な生活だった。
迷子になる前、兄の仕事を手伝ったりしていた彼は幼いながらに機転を利かせ、幾たびも危ういところで危機を乗り越えるが、数ヶ月後保護施設に引き取られる。だがそこも環境は劣悪で皆逃げ出したがっているような場所だった。
そんなサルーを救ってくれたのはオーストラリア人夫婦のジョンとスーで、彼らの養子になったサルーはオーストラリアで成長し、幸せに過ごしていた。
それだけに、実の家族に逢いたいという気持ちと愛情深い養父母への想いは彼の中に葛藤を生み、苦しみとなってのしかかる。

LION MOVIE オフィシャル・インスタグラムより

本作の見所はなんといっても幼いサルーの愛らしさと迷子になってからの大都会・カルカッタでのサバイバル。手足の細い華奢な体で懸命に生きようとする姿は観る者の涙を誘う。
また、立派に成長した彼は養父母を愛し愛されており、それだけに実の家族への想いを止められない苦悩は深く、胸に響く。
フィクションを超える驚きの実話「25年目の「ただいま」5歳で迷子になった僕と家族の物語(サルー・ブライアリー著)」を原作とする本作で幼いサルーを演じるのは何千人もの中から選ばれた小さな天才俳優サニー・パワール。
一方、青年のサルーを演じるのはスラムドッグ・ミリオネアで多数の賞を受賞したデーヴ・パテール。ふたつの家族への想いに苦悩する青年の葛藤を激しくも抑えの効いた演技で巧みに表現している。
その悩めるサルーを励まし、寄り添うルーシー役はルーニー・マーラ。彼女自身の持ち味を生かした知性と上品さを感じさせる美しい恋人役で華を添えている。
また、サルーを無償の愛で支え続ける養母はハリウッドきっての名女優ニコール・キッドマンが確かな演技力で愛情深い母親を見事に演じており、物語に深みを与えている。

俳優陣の素晴らしい演技と感動のストーリーが相まって唯一無二の輝きを放つ本作をぜひご覧ください。


『LION ライオン 25年目のただいま』予告編


Awards:

  • イギリス・英国アカデミー賞 助演男優賞
  • イギリス・英国アカデミー賞 脚色賞
  • オーストラリア映画協会賞 作品賞
  • オーストラリア映画協会賞 監督賞
  • オーストラリア映画協会賞 主演男優賞
  • オーストラリア映画協会賞 助演男優賞
  • オーストラリア映画協会賞 助演女優賞 他

『LION ライオン 25年目のただいま』(2016年・オーストラリア・アメリカ・イギリス合作・2時間9分)
監督:ガース・デイヴィス
出演:デーヴ・パテール、ルーニー・マーラ、デビッド・ウェナム、サニー・パワール、ニコール・キッドマン
©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia


『LION ライオン 25年目のただいま』は以下のサイトでご覧になれます。



VOID RECOMMENDS