• BRAND NEW
  • ブランニュースクリーン
  • HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • 人が人になるためにするべきこと、魂を磨くソウル・ファンタジー『ナイン・デイズ/Nine Days(原題)』
ナイン・デイ、Nine Days、日系ブラジル人の新鋭!エディソン・オダ、ウィンストン・デューク、ビル・スカルスガルド、ザジー・ビーツ、ベネディクト・ウォン、ブランディ・ピッチャー、トニー・ヘイル

人が人になるためにするべきこと、魂を磨くソウル・ファンタジー『ナイン・デイズ/Nine Days(原題)』

日系ブラジル人の新鋭!エディソン・オダ初監督作!人が人であるための魂を描いた独創性豊かな奇想ファンタジー

© Nine Days 5, LLC

Story:

謎めいた男・ウィル(ウィンストン・デューク)は、荒野にぽつんと建つ一軒家で人々が目にする日々の生活の生ライヴを観て一日を過ごしていた。

地球上で命が失われ、また命が産声を上げる。その繰り返しである。

また数名のまだ産声を上げずにいる魂たちがウィルを訪ねてくる。

彼らはこの地上に命を与えられるに足る魂なのか?を9日間かけてウィルは試す。

そんな治験者の中、エマ(ザジー・ビーツ)という女性だけは、他とは全く違った自由な魂の持ち主だった。

ウィルの過去を直視させ、彼を勇気付ける存在だった。


Behind The Inside:

鮮烈な監督デビューを果たしたエディソン・オダ

サンダンス映画祭でのプレミア上映で絶賛され、脚本賞を受賞したエディソンは本作を作る上でインスパイアされた映画に、是枝裕和監督作『ワンダフル・ライフ』(1988年)とテレンス・マリック監督作『ツリー・オブ・ライフ』(2011年)の2本を挙げている。




NINE DAYS | Official Trailer (2021)

Will (Winston Duke) spends his days in a remote outpost watching the live Point of View (POV) on TV’s of people going about their lives, until one subject pe…

『ナイン・デイズ/Nine Days(原題)』オリジナル予告編

Awards:

  • デンバー国際映画祭:エクセレンス・イン・アクティング賞・ザジー・ビーツ、ウィンストン・デューク
  • サンダンス映画祭:最優秀脚本賞・エディソン・オダ

『ナイン・デイズ/Nine Days(原題)』(2020年・アメリカ・2時間4分)
監督:
エディソン・オダ
出演:
ウィンストン・デューク、ビル・スカルスガルド、ザジー・ビーツ、ベネディクト・ウォン、ブランディ・ピッチャー、トニー・ヘイル 他
© Nine Days 5, LLC

2021年7月30日 全米公開‼


VOIDセレクト: 魂を磨く3本





More To Read:

死霊魂

鬼才アベル・フェラーラ×ウィレム・デフォー‼ シュールな精神世界を描く『シベリア/Siberia(原題)』


VOID RECOMMENDS