メモリア、Memoria、奇妙な衝撃波に刻まれたサウンドと記憶の物語、唯一無二の映像作家であり、現代美術家アピチャッポン・ウィーラセタクン、カンヌ映画祭で大絶賛され、審査員賞を受賞、爆発音のような奇妙な音や衝撃波、南米コロンビア、メデジン、ティルダ・スウィントン、エルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール、フアン・パブロ・ウレゴ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、アグネス・ブレッケ 、第34回東京国際映画祭、ガラ・セレクション、アカデミー賞、

奇妙な衝撃波に刻まれたサウンドと記憶の物語『メモリア』

実在とその隣にある異界の気配を感じさせる唯一無二の映像作家であり、現代美術家でもあるアピチャッポン・ウィーラセタクン。最新作はティルダ・スウィントンを主演に迎え、全編コロンビア・ロケを敢行!カンヌ映画祭で大絶賛され、審査員賞を受賞! すでに来年のアカデミー賞も視野に入れるほど幅広く称賛を浴びている。

©2021 Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF/Arte and Piano

Story:

南米コロンビア、メデジンで花屋を営むジェシカ(ティルダ・スウィントン)は、呼吸疾患で入院している姉のカレン(アグネス・ブレッケ)とその夫フアン( ダニエル・ヒメネス・カチョ)を訪ねるため、ボゴダに滞在している。

ある夜、ジェシカは爆発音のような奇妙な音や衝撃波を感じ、眠りから覚める。

この不可解な体験の原因追及の旅が続いてゆく。

だが、山の中の小さな町を旅する内に不気味な爆発音による感覚異常は更に酷くなってゆくのだった・・・。


Behind The Inside:

奇妙な音の意味とは?

ウィーラセタクン監督自身が繰り返し耳にした騒音から着想を得ているという。


脚本執筆のためのコロンビア紀行

本作を作るにあたり、ウィーラセタクン監督は、綿密なコロンビア視察を行った。

ボゴタ、カリ、メデジン、ピハーオ、チョコ県、アンデス山脈やジャングルを視察して回った。

さらに刑務所や精神病院を訪れ、心理学者に取材し、薬物の幻覚症状について記録し、考察を重ねたものを基に
本作の脚本を仕上げた。


コロンビアを旅するウィーラセタクン監督の心象風景が分かる貴重な映像

CRITERION COLLECTIONリリースのアピチャッポン・ウィーラセタクンが『メモリア』製作前に旅したコロンビアでの日々を追ったコナー・ジェサップ監督によるドキュメンタリー作品で、俳優でもあるコナーはウィーラセタクン監督と旅をしながら、その作家性の秘密を探り続ける。

ウィーラセタクン監督は、「コロンビアで記憶を探しあてたい、ストーリーと巡り会いたい」と述べている。

そして、このマスター・ピース『メモリア』が生まれた。


Meet the Filmmakers Trailer: Apichatpong Weerasethakul

For our latest episode of Meet the Filmmakers, on the Criterion Channel on FilmStruck, Canadian actor and director Connor Jessup traveled to meet with Apichatpong in the Colombian jungle, where the Thai maverick was location scouting for his next project.

Meet the Filmmakers Trailer: Apichatpong Weerasethakul

MEMORIA メモリア – 予告編|Memoria – Trailer|第34回東京国際映画祭 34th Tokyo International Film Festival

第34回東京国際映画祭 ガラ・セレクション『MEMORIA メモリア』監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン出演:ティルダ・スウィントン、エルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール全編が南米コロンビアで撮影されたアピチャッポンの最新作。不気味な爆発音に悩まされつつ、ボゴタから山の中の小さな町へと旅するヒロインをティ…

『メモリア/Memoria(原題)』予告編|第34回東京国際映画祭 34th Tokyo International Film Festival

Must Point:

来年開催のアカデミー賞に選出!

第94回アカデミー賞:国際映画賞・コロンビア代表に選出されている。


Awards:

  • 第74回カンヌ国際映画祭:審査員賞・アピチャッポン・ウィーラセタクン

『メモリア/Memoria(原題)』(2021年・コロンビア・タイ・フランス・ドイツ・メキシコ・カタール・イギリス・中国・スイス・2時間16分)
監督:
アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:
ティルダ・スウィントン、エルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール、フアン・パブロ・ウレゴ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、アグネス・ブレッケ 他
©2021 Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF/Arte and Piano

2021年11月1日 14:15~(1回上映のみ) 東京国際映画祭・有楽町よみうりホール チケット 10/23(土)より 映画祭公式サイトにて発売開始


VOIDセレクト: アピチャッポン・ウィーラセタクンを知る







More To Read:

台湾で実際に起きた聾唖学校での性的虐待事件を元に描いた衝撃作‼『無聲(むせい) The Silent Forest』が東京フィルメックス・コンペ部門にて初上映!

センセーショナルな題材を完全映画化!台湾映画『無聲(むせい) The Silent Forest』上映後、監督とのリモートQ&A全文掲載

フィリピン、ドゥテルテ政権下、麻薬患者や売人の射殺許可を与えた超法規的政策の下で苦悶する人々を追った迫真のドキュメンタリー『アスワン』


VOID RECOMMENDS