• HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • 中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』
ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』


舞台は中絶が犯罪とされた60年代フランス。望まぬ妊娠によって大学生活が大きく揺らぐ様をリアルに描写し、ヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!

© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – WILD BUNCH – SRAB FILMS

Story:

1963年、フランスでは堕胎が犯罪とされた時代。

労働者階級の両親を持つアン・デュシェネ(アナマリア・ヴァルトロメイ)は、文学を専攻する大学生。

大事な試験を間近に控え、慌ただしく過ごす彼女は、望まぬ妊娠をしてしまう・・・。

中絶すれば犯罪者となり、刑務所行き。

もし出産すれば、学業を諦め、退学して働かなければならなくなる。

周囲の者たちに相談しても誰一人として親身にはなってくれない。

時間が迫る中、たった一人で解決するためアンは動き出すのだが・・・。


Behind The Inside:

原作は、アニー・エルノーの小説「L’ evenement」

L’ evenement

AmazonでAnnie ErnauxのL’ evenement。アマゾンならポイント還元本が多数。Annie Ernaux作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またL’ evenementもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノー。1960年代、中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。


Happening – Official Trailer | HD | IFC Films

Opening exclusively in theaters May 6. Based on Annie Ernaux’s semi-autobiographical novel, Happening follows Annie, a bright young student who faces an unwa…

『ハプニング』オリジナル予告編

Awards:

  • 第78回ヴェネチア国際映画祭:金獅子賞・オードレイ・ディヴァン、国際批評家連盟賞・オードレイ・ディヴァン
  • シネリブリ・インターナショナル・ブック・アンド・シネマ・フェスティバル:最優秀脚色賞
  • セザール賞:最優秀新人賞・アナマリア・ヴァルトロメイ
  • ダブリン映画批評家協会賞:最優秀女優賞・アナマリア・ヴァルトロメイ
  • ダブリン国際映画祭:最優秀女優賞・アナマリア・ヴァルトロメイ
  • 国際シネフィル協会賞:作品賞、最優秀新人賞・アナマリア・ヴァルトロメイ
  • ラ・ロッシュ=シュル=ヨン国際映画祭:市民賞・オードレイ・ディヴァン
  • リュミエール賞:作品賞、最優秀女優賞・アナマリア・ヴァルトロメイ
  • パーム・スプリングス国際映画祭:注目監督賞・オードレイ・ディヴァン、審査員賞(新しい声/新しい視点)

『ハプニング/Happening(原題)』(2021年・フランス・1時間40分)
監督:
オードレイ・ディヴァン
出演:
アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール 他
© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – WILD BUNCH – SRAB FILMS

2022年5月6日 全米公開‼


VOIDセレクト: 小説家アニー・エルノー原作映画おすすめ

シンプルな情熱 【R15】(字幕版)

「去年の九月以降、私は、ある男性を待つこと—彼が電話をかけてくるのを、そして家を訪ねてくるのを待つこと以外、何ひとつしなくなった-」パリの大学で文学を教えるエレーヌは、あるパーティでロシア大使館に勤めるアレクサンドルと出会い、そのミステリアスな魅力に強く惹かれ、たちまち恋におちる。自宅やホテルで逢瀬を重ねる度に、彼との抱擁がもたらす陶酔にのめり込んでいくエレーヌ。今まで通り、大学での授業…


More To Read:

不世出の問題作か?普遍的な傑作か?愛と性の衝撃の自伝的ベストセラーを赤裸々に映画化‼ 『シンプルな情熱』

第78回ヴェネチア国際映画祭・コンペティション部門受賞結果


VOID RECOMMENDS