• HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • 被害者と加害者の家族が対話する時、一体、何が起こったのか? 衝撃作『対峙』
被害者と加害者の家族が対話する時、一体、何が起こったのか? 衝撃作、高校銃乱射事件を起こし、自害した加害者の両親と息子を殺された被害者の両親が閉ざされた密室で対話する。 それぞれの息⼦の成⻑から過ごしてきた⻘春の⽇々、家族との関係、さらには銃乱射事件の現場の状況まで、息子を失った両親たちが対話を通して行き着く先とは?、「Sorry」という台詞が本編中、45回も吐かれる異例の作品、原題の『Mass』には3つの意味が込められている

被害者と加害者の家族が対話する時、一体、何が起こったのか? 衝撃作『対峙』

高校銃乱射事件を起こし、自害した加害者の両親と息子を殺された被害者の両親が閉ざされた密室で対話する。

それぞれの息⼦の成⻑から過ごしてきた⻘春の⽇々、家族との関係、さらには銃乱射事件の現場の状況まで、息子を失った両親たちが対話を通して行き着く先とは?

© 2020 7 ECCLES STREET LLC

Story:

アメリカの高校で、生徒による銃乱射事件が勃発。

十数名の生徒が命を落とし、犯人の少年も校内で自ら命を絶った。

それから6年、息子を失った悲しみから立ち直れずにいるジェイ(ジェイソン・アイザックス)とゲイル(マーサ・プリンプトン)のペリー夫妻は、事件の背景にどういう真実があったのか、何か予兆があったのではないかという思いを募らせていた。

セラピストの勧めで加害者の両親リチャード(リード・バーニー)とリンダ(アン・ダウド)との話し合いに臨むことにした。

場所は教会の奥の小さな個室、立会人は無し。

「お元気ですか?」と、古い知り合い同士のような挨拶をぎこちなく交わす 4 人。

そして、ゲイルの「息子さんについて何もかも話してください」という言葉を合図に、誰も結末が予測できない対話が幕を開ける。

「加害者は犯行の予兆を見せていたのではないか?もしそうであるのなら、両親であるリチャードとリンダがそれに気付いていれば、事件は未然に防げたのではないか?」というペリー夫妻が向き合い続けてきた問いがリチャードとリンダに投げかけられた時、心の中にあったわだかまりが一気に吹き出してゆく。


Behind The Inside:

「Sorry」という台詞が本編中、45回も吐かれる異例の作品

俳優であるフラン・クランツにとっての初監督作は、2018年に実際に起きた高校生による銃乱射事件に激しく心を打たれたことがキッカケで事件の深層について調べを独自に進めた調査が元となった。

数ある報告書を読み進めるうちに加害者と被害者家族同士の面談の報告書に行き当たり、そうした熱心なリサーチが反映され、下手なスリラー映画よりも緊迫感に満ちた緻密な脚本が完成した。

撮影は14日間。そのうちの4日間は外でのロケーション撮影であり、室内で両家族が対峙するシーンは、たった10日間で撮影された。

また劇中、「Sorry」という台詞が45回も登場人物たちから吐かれる。

ソーリーという言葉は、”ごめんなさい”という意味だけではなく、”それは、残念です、大変でしたね”といった気遣いとしての意味など、どんな相手に対してなのか? また使うタイミングや状況でニュアンスが変わるセンシティブな言葉。

そうして熟考して一つ一つの言葉を選んで脚本は構成されており、クランツ監督は新人監督としては、1作目にして驚くべき才能を発揮したと言える。


『対峙』予告編

Must Point:

原題の『Mass』には3つの意味が込められている

Mass=マスとは、教会のミサを意味する。映画も教会の一室を借りて対談が行われる。

もう一つの意味は、Mass Shooting=銃による無差別大量殺戮を意味する。

またMass=集まる、とは4名が集い、対話をするという本作のテーマにも通ずる。


Awards:

  • アトランタ映画批評家協会:最優秀アンサンブルキャスト賞
  • 釜山国際映画祭:観客賞・フラン・クランツ
  • インディペンデント・スピリット賞:ロバート・アルトマン賞(アンサンブル映画の名匠アルトマンに因み、最優秀アンサンブル・キャストに与えられ、監督と配役担当者へも授与)
  • ハリウッド批評家協会:最優秀オリジナル脚本賞・フラン・クランツ
  • ヒューストン映画批評家協会:最優秀助演女優賞・アン・ダウド、最優秀アンサンブル・キャスト賞
  • サン・セバスティアン国際映画祭:青年審査員賞・フラン・クランツ
  • 他、全44賞に輝く。

『対峙/Mass(原題)』(2021年・アメリカ・1時間51分)
監督:
フラン・クランツ
出演:
リード・バーニー、アン・ダウド、ジェイソン・アイザックス、マーサ・プリンプトン、カゲン・オルブライト、ミッチェル・N・カーター 他
© 2020 7 ECCLES STREET LLC

2023年 2月10日 TOHOシネマズ シャンテ 他 全国順次公開!!


映画「対峙」公式サイト

映画「対峙」高校銃乱射事件で共に息子を失った家族。


VOIDセレクト: 銃乱射事件を元にした映画おすすめ

エレファント デラックス版 [DVD]

【映像特典】 ●メイキング “「エレファント」撮影日誌” ●ガス・ヴァン・サント監督来日時インタビュー ●ジョン・ロビンソン来日時インタビュー ●アメリカ版&日本版劇場予告編 《監督・脚本・編集》 ガス・ヴァン・サント 《製作》 ダニー・ウルフ 《製作総指揮》 ダイアン・キートン / ビル・ロビンソン 《出演》 ジョン・ロビンソン アレックス・フロスト エリック・デューレン イライアス・マッコネル


ボウリング・フォー・コロンバイン(字幕版)

アメリカで最も影響力を持つジャーナリスト、マイケル・ムーア。マイク片手にアポなし突撃取材、という独自のスタイルで、全米を震撼させたコロンバイン高校銃乱射事件を入口に、アメリカ銃社会を斬っていく。彼は問う。なぜコロンバイン事件は起きたのか?なぜアメリカ銃撃事件が多発するのか?こんなアメリカに誰がした?(C)2002 ICONOLATRY PRODUCTIONS INC. AND VIF BABELSBERGER FILMPRODUKTION GmbH & Co.ZWEITE KG


コロンバインの空に (字幕版)

アンナは教師の仕事をしながら、4人の子供を育てるシングルマザー。恋人もでき、順風満帆だった彼女にある日突然病魔が襲う。手術は成功したが、その後の後遺症と辛いリハビリがアンナを待っていた。まわりの深い愛情に支えられながら、必死に頑張り教職に復帰できるまでに。そんな中、娘ローレンが通うコロンバイン高校で、銃の乱射事件が起きる・・・。


ウトヤ島、7月22日(吹替版)

数百人の学生がウトヤ島のサマーキャンプに参加し、活発に国の未来について語り合っている中、突然の銃声があたりをつんざく。何が起こっているのかわからないまま、仲間たちと森へ逃げ込んだ少女カヤ(アンドレア・バーンツェン)。銃声は止むことなく、学生たちは島中を逃げ回る。カヤは恐怖のまっただ中でありったけの勇気を奮い起こし、はぐれた妹エミリアを捜し始めるのだが…。少年少女たちが無差別に銃撃された7…


マネー・マシン (Money Machine)

2017年10月1日、スティーブン・パドックはラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテルの部屋から、2万人以上いたコンサートの観衆に向けて発砲しました。数分のうちにパドックは58人を殺害、400人以上を負傷させました。アメリカ史上最大の大規模銃乱射事件でした。


スパロークリーク 野良犬たちの長い夜(字幕版)

警察官の葬儀で銃乱射事件が起きた夜、民兵組織の倉庫から一丁の自動小銃が消えた。集まった組織の男たちは互いに犯人ではないかと疑い合い、緊張を高めてゆく。組織に属する元警官で尋問のスペシャリスト・ギャノンは、男たちを1人ずつ呼び出し、尋問を始めてゆく。徐々に明らかになる、極右民兵組織へと所属することになったそれぞれの事情、憎しみ、怒り、殺意…。(C)2018 CINESTATE …


フォールアウト(字幕版)

主人公のべイダが通う高校で、ある日銃乱射事件が発生。偶然トイレにいたべイダは居合わせたミア、クイントンと3人で身を潜めるが、到着した保安官と犯人との間で銃撃戦に発展する。そして、惨劇を生き延びた彼らを、新たな悲劇が待ち受けていた―。 [Rating NR] (C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


More To Read:

世界が震撼した大量殺戮者、その人生を描く!『ニトラム NITRAM』
超斬新‼︎アフロフューチャーなサイバーSFミュージカル『ネプチューン・フロスト』
新鋭クーパー・レイフ主演・監督!大人への成長物語『チャチャ・リアル・スムース』
記憶を写真にして自分を取り戻す孤独な男の物語『林檎とポラロイド』
「レント」の原作者ジョナサン・ラーソンを描いたエモーショナルな伝記物語『チック、チック…ブーン!』
SNS映えライフに生き残りを賭けた崖っぷち母娘の泣き笑い『エル プラネタ』
過去の謎めいたトラウマに蝕まれてゆく女…『ロスト・ドーター』

VOID RECOMMENDS