イタリアの名門フェラーリの創業者エンツォの苦難の日々『フェラーリ/Ferrari』、当時、一世を風靡した人気TVドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』シリーズで知られるフェラーリ狂のマイケル・マン監督。 マン監督、長年の夢の映画企画がアダム・ドライバー主演で遂に完成! 創業から10年、モータースポーツへの過剰な投資や労使紛争に巻き込まれたことから経営が悪化し倒産寸前まで追い込まれた自動車製造メーカー、フェラーリ。 エンツォ・フェラーリ(アダム・ドライバー)が打って出た起死回生の策は、イタリアを縦走する耐久レース「ミッレミリア」に出場し、勝利することだった!、フェラーリ狂で知られるマイケル・マン監督、宿願の映画企画、フェラーリ・デイトナ・スパイダー、特捜刑事マイアミ・バイス、フェラーリ・テスタロッサ、フェラーリ308GTB、フェラーリ、Ferrari、マイケル・マン、アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シェイリーン・ウッドリー、サラ・ガドン、パトリック・デンプシー、ジャック・オコンネル、ヴァレンティーナ・ベル、ガブリエル・レオン、ブレット・スムルツ、トンマーゾ・バシリ、

イタリアの名門フェラーリの創業者エンツォの苦難の日々『フェラーリ』

TAR ター、本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『TAR ター』

エスター ファースト・キル、ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』、いかに多くのユダヤ人を効率的に殺害するかという仕事に熱心に没頭し人類の歴史上、類をみない大量殺戮工場を指揮した男、ルドルフ・ヘスとその家族の平和で幸福な日々。 天国のような理想の家庭の真横にある地獄の収容所の様子は映像化せず、音だけでその恐怖を伝える様は、まるでホラー映画。 ジャンル映画を独自の発想で別なものに塗り替えてきた気鋭の映画監督ジョナサン・グレイザーは、二つの世界に横たわる底なしの闇を思いがけない撮影手法を駆使し淡々と見せてゆく。 ジョナサン・グレイザー監督作『関心領域』はスティーブン・スピルバーグが自らの代表作『シンドラーのリスト』(1993年)以来、現れたベスト・ホロコースト映画と褒め称えている。、ドキュメンタリーでも見ているかのように主観を排した撮影スタイル、夜間撮影は赤外線カメラを使う驚愕すべき撮影手法、気鋭の監督ジョナサン・グレイザーを最も有名にした映像作品とは?、『ヴァーチャル・インサニティ』、ジャミロクワイ、The Zone of Interest、ジョナサン・グレイザー、クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー、ヨハン・カルトハウス、ルイス・ノア・ウィット、ネル・エランスマイヤー、リリ・ファルク、メデゥーサ・ノフ、マックス・ベック、ステファニー・ペトロウィッツ、 イモーゲン・コッフ、ラルフ・ハーフォース、ダニエル・ホルズバーグ、フレイヤ・クロイツカム、マリー・ローザ・ティーティエン、

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』

現代が生んだピカレスク・ロマン『ソルトバーン』、『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020年)のエメラルド・フェネルによる脚本・監督最新作! 『嵐が丘』(1939年)のような土地の名をタイトルに冠し、近年の『パラサイト 半地下の家族』(2019年)やアラン・ドロンの名作『太陽がいっぱい』(1960年)、 またふらりと現れた料理人が一族を籠絡して屋敷を乗っ取る『すべての人のもの』(1970年・日本未公開)を想起させる作品コンセプトを フェネルのイギリスでの学生時代の思い出からハイソサエティの家族を破壊する一人の孤独な男の物語として書かれたシニカルでブラックなクライム・ストーリー。、実際に存在する由緒あるカントリー・ハウスで撮影された本作、舞台となるソルトバーンは、イギリス、ノーサンプシャーにある古色豊かなカントリー・ハウス、ドレイトン・ハウスを撮影場所に使用している。、見事な回廊は迷路デザインの世界的な第一人者であるエイドリアン・フィッシャーによって作られている。、目を見張る演技を見せたバリー・コーガン、ソルトバーン、Saltburn、エメラルド・フェネル、バリー・コーガン、ジェイコブ・エロルディ、ロザムンド・パイク、リチャード・E・グラント、アリソン・オリバー、キャリー・マリガン、アーチー・マデクウィ、セイディー・ソーヴラル、ポール・リス、ユアン・ミッチェル、Amazon、

現代が生んだピカレスク・ロマン『ソルトバーン』