• おうち映画
映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

ペドロ・アルモドヴァル監督作『パラレル・マザーズ』、ヴェニス映画祭では、別の作品でペネロペ・クルスは主演女優賞を受賞!、ペネロペ・クルスが人気映画監督に扮し、アントニオ・バンデラスがハリウッド・スターに扮して映画作りの舞台裏をウィットたっぷりに描く。そもそも映画は何のために作られるのか?映画作りをとことん風刺したブラックコメディ、映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画、ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス、ホセ・ルイス・ゴメス、マノロ・ソロ、イレーネ・エスコラール、マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット、Official Competition、オフィシャル・コンペティション、

映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画『オフィシャル・コンペティ...

夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『メン』

本作はベルギー産傑作スリラー『ザ・ヒットマン』(2003年)のリメイク、リーアム・ニーソンが次第に自分が標的になってゆく記憶喪失症に悩む凄腕の暗殺者を演じるアクション・スリラー、記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス、リーアム・ニーソン、ガイ・ピアース、モニカ・ベルッチ、ハロルド・トーレス、タジ・アトワル、 レイ・フィアロン、レイ・スティーヴンソン、ステラ・ストッカー、アントニオ・ジャラミロ、メモリー、Memory、マーティン・キャンベル、

記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス『メモリー』

第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、ある視点賞、ボーダー 二つの世界、監督のアリ・アッバシにとって初めてのカンヌ・コ、2000年から2001年の間に神からのミッションと称し、16人もの女性を殺した犯人シーアド・ハニイの事件、実話を基にしたストーリー、イランで実際に起きたセックス・ワーカーばかりを狙った連続殺人事件を追った女性ジャーナリストの苦悩を描くアリ・アッバシ監督最新作!、イラン発!セックス・ワーカーを狙った連続殺人事件を追う!、ザーラ・アミル・エブラヒミ、ミーディ・バァジャスタニ、エラシュ・エシュアニ、フォラジャン・シドジャナッド、シナ・ポーヴァナ、ニマー・アクーボォパー、アリ・アッバシ、ホーリー・スパイダー、Holy Spider、

イラン発!セックス・ワーカーを狙った連続殺人事件を追う!『ホーリー・...