• イタリア
夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『メン』

実際に15歳も離れたセバスチャン・スタンとデイジー・エドガー=ジョーンズの競演、ウィンター・ソルジャー役で名を馳せたセバスチャン・スタンが魅力的な年上男性を演じる。偶然の出会いで知り合った年の差恋愛カップルのポップでスタイリッシュなデート・ムービーからの血も凍るサバイバル・ホラー、出会い系ポップなスタイリッシュ・ホラー、ディズニープラス、デイジー・エドガー=ジョーンズ、セバスチャン・スタン、ジョジョ T.ギブス、アンドレア・バン、ダヨ・オケニー、シャルロット・ルボン、ブレット・ディーア、アリナ・マリス、フレッシュ、Fresh、ミミ・ケイヴ、

出会い系ポップなスタイリッシュ・ホラー『フレッシュ』

ジョン・ウィック、『ブレット・トレイン』の興行的成功次第では、『マリアビートル』の前作にあたる日本では2015年に映画化もされている『グラスホッパー』(2004年)や連なる作品となる『AXアックス』(2017年)といった関連作が次々とハリウッド映画化といった流れもできるのかも、本作が作られたキッカケとなったのは、2010年に発表された原作のミステリー小説『マリアビートル』をイギリス、ロンドンの出版社ハーヴィル・セッカーにより英語翻訳版の作品を海外で発刊したこと、ハリウッドでの映像化は初めて、原作の伊坂幸太郎ワールドをハリウッド流にアレンジした傑作映画‼︎、二人の顔立ちが似ているのは、デヴィッドがブラッドのアクション・シーンの影武者だったから、デヴィッドは、キアヌ・リーブス主演で大ヒットしたノン・ストップ・ガンアクション『ジョン・ウイック』(2014年)で初メガホンをとったが、監督としてのクレジットは、スタント仲間のチャド・スタエルスキに譲り、共同監督ではあるが、クレジット非表記、監督のデヴィッド・リーチは、元ベテラン・スタントマンで長年に渡るブラッドのスタントダブル担当だった、監督デヴィッド・リーチとブラッド・ピットは、歴戦の盟友だった‼︎、ブラッド・ピット主演!弾丸列車に乗り込んだ世界一運の悪い殺し屋V.S.殺し屋軍団‼︎ それぞれの思惑が絡む120分間の超絶デスマッチの行方は?、途中下車不可!ツイてない殺し屋がハマった弾丸列車での死闘、ブラッド・ピット、サンドラ・ブロック、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ザジー・ビーツ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マイケル・シャノン、真田 広之、バッド・バニー、アンドリュー・コージ 、デヴィッド・リーチ、ブレット・トレイン、Bullet Train、

途中下車不可!ツイてない殺し屋がハマった弾丸列車での死闘『ブレット・...

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』