• オスカー・アイザック
チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

ペドロ・アルモドヴァル監督作『パラレル・マザーズ』、ヴェニス映画祭では、別の作品でペネロペ・クルスは主演女優賞を受賞!、ペネロペ・クルスが人気映画監督に扮し、アントニオ・バンデラスがハリウッド・スターに扮して映画作りの舞台裏をウィットたっぷりに描く。そもそも映画は何のために作られるのか?映画作りをとことん風刺したブラックコメディ、映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画、ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス、ホセ・ルイス・ゴメス、マノロ・ソロ、イレーネ・エスコラール、マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット、Official Competition、オフィシャル・コンペティション、

映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画『オフィシャル・コンペティ...

本作はベルギー産傑作スリラー『ザ・ヒットマン』(2003年)のリメイク、リーアム・ニーソンが次第に自分が標的になってゆく記憶喪失症に悩む凄腕の暗殺者を演じるアクション・スリラー、記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス、リーアム・ニーソン、ガイ・ピアース、モニカ・ベルッチ、ハロルド・トーレス、タジ・アトワル、 レイ・フィアロン、レイ・スティーヴンソン、ステラ・ストッカー、アントニオ・ジャラミロ、メモリー、Memory、マーティン・キャンベル、

記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス『メモリー』

喧嘩、仲違い、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、4つ星、現在、フランスの映画批評家の間で抜きん出た評価を得ている、マリオンとメルヴィルの主演の二人に当て書きされた脚本、両親が命の危機を伴う深刻な事故に遭った、アリスは俳優業に忙しく、兄のルイスは教師で詩人、現代フランス映画の名匠アルノー・デプレシャン監督最新作!マリオン・コティヤールが女優を演じ、両親の命の危機をキッカケにして長年の間、仲違いしていた詩人の兄との困難な関係修復を図らざるを得なくなる、絶縁していた兄と妹の愛情物語、マリオン・コティヤール、メルヴィル・プポー、ゴルシフテ・ファラハニ、パトリック・ティムジット、ベンジャミン・シクサ、アルノー・デプレシャン、Brother and Sister、ブラザー・アンド・シスター、

絶縁していた兄と妹の愛情物語『ブラザー・アンド・シスター』

サム・ニールは、『ジュラシック・パーク』(1993年)撮影時に74歳であったアッテンボロー氏と同じ歳を迎えての感無量の撮影、俳優リチャード・アッテンボローは惜しまれながら2014年に他界し、その名は、イギリス、ロンドンにあるパインウッド撮影所の新設の撮影スタジオ、アッテンボロー・ステージとなって、未来永劫残る、『ジュラシック・パーク』から29年後にして、終わりを告げる壮大な物語、ロックウッド財団のベンジャミン・ロックウッドの非業の死を遂げた一人娘のDNAから作られたクローン人間のメイジー、ジュラシック・ワールド/炎の王国、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後の地球はまさにジュラシック・ワールドへと激変していた・・・。新たな支配者となるのは、恐竜たちか、それとも・・・、人気シリーズの壮大なる終焉、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、デワンダ・ワイズ、ママドゥ・アティエ、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、B・D・ウォン、オマール・シー 、コリン・トレボロウ、Jurassic World: Dominion、ジュラシック・ワールド 新たなる支配者、

人気シリーズの壮大なる終焉『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』