• オールド
ウーマン・トーキング 私たちの選択、Woman Talking、サラ・ポーリー、ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショー、フランシス・マクドーマンド、第95回アカデミー賞・ノミネート:脚色賞・サラ・ポーリー、作品賞、実話にインスパイアされた衝撃の物語、平和だったはずの村で起きていた女性たちへのレイプ事件は、実は村の男性たちによるものだった! 事実を知った女性たちは、男性たちがいない間、今後の相談のために屋根裏部屋に集会するのだが、話し合いは多岐に渡ってゆく・・・。 ボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件を題材に舞台を架空の場所に置き換え、性被害に遭った女性たちの真剣な話し合いを描いてゆく。、絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観、南米のボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件をベースに執筆されたミリアム・トーズの2018年発表の同名小説。、監督のサラ・ポーリーは、本作の絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観を表現すべく、カラーグレーディングに依って、画面を限りなくモノクロに近い褪せた色合いの世界を作り上げた、サラ・ポーリーにとって実に10年ぶりの監督最新作、サラ自身もまた『ウーマン・トーキング』の性被害に遭った者の一人なのだという強いメッセージを内包している

実話にインスパイアされた衝撃の物語『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

田舎の小貴族からヨーロッパ随一の征服者となった最強の皇帝『ナポレオン』、リドリー・スコット監督✖️ホアキン・フェニックス再び!23年ぶりのコラボレーションは、またも歴史物。 フランス領コルシカ島出身のイタリア系の田舎の貴族であったナポレオンが軍将として才覚を現し、ヨーロッパのほぼ全土を征服していく様を300名の兵士、100頭の馬、11台ものカメラを駆使し、壮大なヨーロッパ・ロケが敢行され撮影された。 ホアキンは、当初、ナポレオンをどう演じたらよいのか分からず、リドリーに泣きついたという。それほどの難役であった。 そして、本作は物語の核を成す夫婦の愛憎劇が見ものであり、ナポレオンと最初の妻となった恋多き女ジョセフィーヌ役には、女優として進境著しいヴァネッサ・カービーが、その奔放な女性像を艶やかに演じる。 数学に強く砲術に長け、無敵の策士として、時に怪物、悪魔に喩えられ畏れられた男ナポレオン。 瞬く間にスウェーデン、イギリス以外のヨーロッパほぼ全域を征服し、後に皇帝となった成り上がりヒーローの驚くべき人生が明らかになる。、難役に挑む前に途方に暮れたホアキン、Apple TVの配信は、4時間バージョンとなる見込み、Napoleon、リドリー・スコット、ホアキン・フェニックス、ヴァネッサ・カービー、タハール・ラヒム、ルパート・エヴェレット、マーク・ボナー、リュディヴィーヌ・サニエ、ベン・マイルズ、シニード・キューザック、リアナ・デュース、ポール・リス、ナポレオン

田舎の小貴族からヨーロッパ随一の征服者となった最強の皇帝『ナポレオン』

自分を再発見するメロウな旅路『ソウルに帰る』、2022年アカデミー賞国際長編映画賞カンボジア代表選出作品。 私は誰なのか?私の居場所とは?他者との関係において、自分はどのような立ち位置にいるのか? アイデンティティという普遍的なテーマを元にカンボジア系フランス人監督ダビ・シューが挑んだのは、見た目は韓国人でも生粋のパリジャンの女性の自身のルーツを探るディープな旅。、フランスで養子縁組されて育った25歳のフレディ、ハモンド養子縁組センター、クンサン市、初めての映画出演でも監督への質問攻めでキャラクターを作り上げたパク・ジミン、第75回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・正式出品作、東京フィルメックス:特別審査員賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞:ニュー・ジェネレーション賞・ダヴィ・シュー、パク・ジミン、Return to Seoul、ダヴィ・シュー、パク・ジミン、グカ・ハン、オ・グァンロク、キム・ソニョン

自分を再発見するメロウでディープな旅路『ソウルに帰る』

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作りにおける彼らの現在地、ささくれだった孤高の自主映画ユニット、群青いろ・髙橋泉、廣末哲万が17年ぶりに作った劇場公開映画は今までと何かが違う! ジャンル映画の世界で商業ヒット作を何本も手掛け、シャープでリアル、そしてまるで海外の映像作家のようなリズムを感じる複雑なストーリー構成技術を武器にしてきた脚本家、髙橋泉。 そして、群青いろの片割れであり、なくてはならない重鎮の俳優、廣末哲万。 連続して公開される最新作『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)は、観客ではなく自分たちが観たい映画を作り続けてきたという硬骨な自主映画製作のスタイルに変化の兆しが散見される2作品である。 髙橋泉監督、出演の廣末哲万への最新作についてのインタビューを通し、世界でも類のない唯一無二な輝きを放ち続ける自主映画ユニット群青いろのパンドラの箱の中を覗き見る。、Amefutte The End、髙橋泉、髙橋泉、古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也、

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作...

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』、粛清の包囲網から奇跡的に生還した殺し屋ジョン・ウィック。 ジョンは裏組織ハイ・テーブルへの報復を企てるが、新たに組織を牛耳ろうとする冷酷なグラモン侯爵の登場で潮目が再び変わる。 再び追われる身となるジョンが真の自由を得るためには、古式銃による一対一の決闘しかない。 相手は、強敵グラモン侯爵。 だが、ジョンの首に再び天文学的数字の賞金がかけられ、殺し屋が総動員して襲ってくるのだった・・・。、監督チャド・スタエルスキは、かなりのシネフィルである、不死身のジョン・ウィックであるためのキアヌの心意気とリアリティ、John Wick: Chapter 4、チャド・スタエルスキ、キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、ビル・スカルスガルド、ドニー・イェン、真田 広之、スコット・アドキンス、ランス・レディック、イアン・マクシェーン、リナ・サワヤマ、クランシー・ブラウン、ジョルジュ・ジョルジョー、マルコ・サロール、シャミール・アンダーソン、ジャン=ピエール・ジュネの映画『アメリ』、『アラビアのロレンス』、ポルト・デ・リラ駅、

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』