• カービー・ハウエル=バプティスト
MEN 同じ顔の男たち、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『MEN 同じ顔の男たち』

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

ウーマン・トーキング 私たちの選択、Woman Talking、サラ・ポーリー、ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショー、フランシス・マクドーマンド、第95回アカデミー賞・ノミネート:脚色賞・サラ・ポーリー、作品賞、実話にインスパイアされた衝撃の物語、平和だったはずの村で起きていた女性たちへのレイプ事件は、実は村の男性たちによるものだった! 事実を知った女性たちは、男性たちがいない間、今後の相談のために屋根裏部屋に集会するのだが、話し合いは多岐に渡ってゆく・・・。 ボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件を題材に舞台を架空の場所に置き換え、性被害に遭った女性たちの真剣な話し合いを描いてゆく。、絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観、南米のボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件をベースに執筆されたミリアム・トーズの2018年発表の同名小説。、監督のサラ・ポーリーは、本作の絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観を表現すべく、カラーグレーディングに依って、画面を限りなくモノクロに近い褪せた色合いの世界を作り上げた、サラ・ポーリーにとって実に10年ぶりの監督最新作、サラ自身もまた『ウーマン・トーキング』の性被害に遭った者の一人なのだという強いメッセージを内包している

実話にインスパイアされた衝撃の物語『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

ネタバレ、アバター ウェイ・オブ・ウォーター、Avatar: The Way of Water、ジェームズ・キャメロン、サム・ワーシントン, ゾーイ・サルダナ, シガーニー・ウィーバー, スティーヴン・ラング、ケイト・ウィンスレット、ジャック・チャンピオン、トリニティ・ブリス、ジョヴァンニ・リビシ、ジェイミー・フラッターズ、ベイリー・バス、全身全霊で感じろ!全5作からなるSF映画シリーズの2作目、映画界の真のイノベーター、巨匠ジェームズ・キャメロン監督が13年前に世界に放った歴代興行収入No.1の記録を持つ超大作SFファンタジー映画『アバター』の13年ぶりの続編。撮影機材から視覚効果まで本作のために新たに作り出した最新の技術を駆使し今までの視覚体験を更新する奇跡の“超現実”映像体験を生み出した。本作は全5作からなるアバターシリーズの2作目にあたり前作の主人公であるジェイクとネイティリの子どもたちが新たな主人公となり、パンドラに襲いかかる新たな危機に果敢に対峙する、『アバター』シリーズの全てが驚くばかりの破格の事実、ケイト・ウインスレットが水中シーンで映画界の最長記録を破った!、ソニー製のカメラVENICE、過去にトム・クルーズが保持している『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年)での水中シーンの最長時間を超える7分14秒、HFR

全身全霊で感じろ!全5作からなるSFファンタジーのシリーズ2作目『アバタ...

生きる LIVING、Living、オリヴァー・ハーマナス、ビル・ナイ、エイミー・ルー・ウッド、アレックス・シャープ、トム・バーク、黒澤明の名作がロンドンを舞台に息を吹き返す、黒澤明の不朽の名作『生きる』(1952年)が第二次世界大戦後の復興期のロンドンを舞台に蘇る。 共に映画化された小説「日の名残り」「わたしを離さないで」などで知られるノーベル賞作家カズオ・イシグロによる脚色、名優ビル・ナイにより現代に甦る。 死が迫り、残された人生で己ができることとは何なのか?なすべきこととは? 普遍的なテーマを昇華させた黒澤映画の心を未来へと引き継ぐ新たな名作の誕生。、余命半年の癌、文豪に口説かれた名優、世界の人気映画ランキング上位100位以内に絶えずランクインし続ける不朽の名作、黒澤明監督の映画『生きる』、ビル・ナイは、自分の出演作を絶対に観ない、第95回アカデミー賞・ノミネート:主演男優賞・ビル・ナイ、脚色賞・カズオ・イシグロ、

黒澤明の名作がロンドンを舞台に息を吹き返す『生きる LIVING』