• ガイ・リッチー
Xmas、クリスマス、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、chirstmas、wallpaper、壁紙、merrychirstmas,cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2023年

2023年 クリスマス VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

殺人兵器となった少女の哀しき宿命『The Witch 魔女 増殖』、実験施設で造り上げられた殺人兵器となった少女の哀しき闘いを描いたバイオレンス・アクション・シリーズ第2作! 「The Witch 魔女」ユニバースが始動する。、前作から4年、前作の魔女役ク・ジャユンも登場する本作で魔女ユニバース誕生か?、The Witch: Part 2 - The Other One/Manyeo 2: Lo go、パク・フンジョン、シン・シア、チョ・ミンス、キム・ダミ、パク・ウンビン、チン・グ、イ・ジョンソク、ソン・ユビン、

殺人兵器となった少女の哀しき宿命『The Witch 魔女 増殖』

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第17作目の映画となる本作。 どこにでもいる平凡なヒスパニック系ティーンエイジャーのジェイミー(ショロ・マリデュエニャ)。 彼はひょんなことから手にしたエイリアン・テクノロジーで作られた甲虫型のA.I.兵器スカラベと脊髄を通して一体化し、強靭な装甲外骨格を持つブルービートルに変貌する。 ジェイミーを新しい守護者に選んだ究極の戦闘兵器スカラベは、彼が想像したありとあらゆる武器を瞬時に生み出すことができる。 その戦闘能力のレベルは地球壊滅規模。 ジェイミーとスカラベの秘密を知る家族、友人に支えられながら陽気なグルーヴ感で繰り広げられる史上初のラテン系スーパーヒーローがついに爆誕した!、今後、要注目のブラジルの国民的女優ブルーナ・マルケジーニ、ブルービートル、Blue Beetle、アンヘル・マヌエル・ソト、ショロ・マリデュエニャ、ブルーナ・マルケジーニ、スーザン・サランドン、ハーヴィー・ギレン、ラオール・トゥルヒロ、エルピディア・カリロ、ジョージ・ロペス、アドリアナ・バラッザ、ベリッサ・エスコベド、ブリジェット・ミッチェル・ベントレー、ベッキー・G(声)、

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』

卓越したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』、若くしてトップスターとなった絶頂期に突然、パーキンソン病を発病し、以来、32年もの間、病魔と闘い続けているマイケル・J・フォックス。 マイケルが執筆した4冊の本以外では、ほとんど語られることのなかった彼の苦難の道筋を地球温暖化の危機を訴えたドキュメンタリー『不都合な真実』(2006年)の監督デイビス・グッゲンハイムが描き出す。 マイケルを世界的な人気者にしたSFタイム・トラベル映画の傑作シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等、過去の出演作をリズム感のある編集テクを駆使しながら、真摯にそして、時に笑いを誘いながら病魔がもたらした卓越したその人生観を語り尽くす。、マイケル・J・フォックスを紐解く4冊の本、ラッキーマン、いつも上を向いて、マイケル・J・フォックスの贈る言葉――未来へ踏みだす君に、伝えたいこと、A FUNNY THING HAPPENED ON THE WAY TO THE FUTURE、No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality、ロバート・ゼメキス、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭:ホープ賞・デイビス・グッゲンハイム、マイケル・J・フォックス、トレイシー・ポラン、アンドリュー・バーバー、デイヴィッド・ダイヤモンド、サム・フォックス、ハンナ・ゴールウェイ、ダニー・イリザリー、アリソン・クラウゼ、シボーン・マーフィー、ブラッドレイ・ピーターズ 、Apple TV+、

達観したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』、いかに多くのユダヤ人を効率的に殺害するかという仕事に熱心に没頭し人類の歴史上、類をみない大量殺戮工場を指揮した男、ルドルフ・ヘスとその家族の平和で幸福な日々。 天国のような理想の家庭の真横にある地獄の収容所の様子は映像化せず、音だけでその恐怖を伝える様は、まるでホラー映画。 ジャンル映画を独自の発想で別なものに塗り替えてきた気鋭の映画監督ジョナサン・グレイザーは、二つの世界に横たわる底なしの闇を思いがけない撮影手法を駆使し淡々と見せてゆく。 ジョナサン・グレイザー監督作『関心領域』はスティーブン・スピルバーグが自らの代表作『シンドラーのリスト』(1993年)以来、現れたベスト・ホロコースト映画と褒め称えている。、ドキュメンタリーでも見ているかのように主観を排した撮影スタイル、夜間撮影は赤外線カメラを使う驚愕すべき撮影手法、気鋭の監督ジョナサン・グレイザーを最も有名にした映像作品とは?、『ヴァーチャル・インサニティ』、ジャミロクワイ、The Zone of Interest、ジョナサン・グレイザー、クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー、ヨハン・カルトハウス、ルイス・ノア・ウィット、ネル・エランスマイヤー、リリ・ファルク、メデゥーサ・ノフ、マックス・ベック、ステファニー・ペトロウィッツ、 イモーゲン・コッフ、ラルフ・ハーフォース、ダニエル・ホルズバーグ、フレイヤ・クロイツカム、マリー・ローザ・ティーティエン、

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』