• クライム・スリラー
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史、5月に発売されるコンピレーション・アルバム、TRAVESÍA RYUICHI SAKAMOTO CURATED BY IÑÁRRITU。 映画『バベル』(2006年)への坂本の楽曲提供に始まり、オスカー3冠に輝く『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015年)でのオリジナル・サウンドトラック製作、等、その音楽的才能に惚れ込み、親しく交流を続けてきた世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 このアルバムは音楽家・坂本龍一の生涯の道筋をまるで旅をするが如くにイニャリトゥ監督がセレクトした楽曲で構成された特別なコンピレーション。 全1000曲の坂本の様々な音源を半年かけて、イニャリトゥ監督が聴き、セレクトしているという。、優雅で感動的な静寂があるミニマリスト、音楽家・坂本龍一の生涯を鳥瞰する旅 "TRAVESÍA"、

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史

決死のジャーナリズムが世界情勢に疑問を投げかける『シヴィル・ウォー/Civil War』、SFジャンルで活躍してきた脚本家であり、映画監督のアレックス・ガーランドの最新作は、近未来のアメリカをバラバラに分断する内戦をジャーナリストの一行が決死の覚悟で捉えてゆくディストピア近未来SF。 現実にアメリカ国内で起こりうるストーリーだけに虚実ないまぜの設定とストーリー展開に単なるリアリティ溢れるエンタメという範疇を遥かに超えた社会的なアラートを発している、"西連合"(West Alliance=WA(略称))、大統領への単独インタビュー取材、"フロリダ連合"、"ニューピープルズ・アーミー"、"ロイアリスト・ステーツ"、禁断のアメリカ内戦の凄惨な姿をロード・ムーヴィーで描くエピック、アレックス・ガーランド、シビル・ウォー、Civil War、キルスティン・ダンスト、ヴァグネル・モウラ、ケイリー・スピーニー、スティーヴン・ヘンダーソン、ジェシー・プレモンス、ソノヤ・ミズノ、ニック・オファーマン、ジェファーソン・ホワイト、フアニ・フェリス、ネルソン・リー、エドモンド・ドナヴァン、カール・グルスマン、ジン・ハ、ジョニカ・T・ギブス、ジェス・マトニー、A24

決死のジャーナリズムが世界情勢に疑問を投げかける『シヴィル・ウォー/Ci...

落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』にまつわるビジネス・スリラー、1980年代、ビデオゲーム黎明期に大流行したゲーム「テトリス」の成功の裏話。 テトリスの魅力の虜となった一人の狂信的なビジネスマンの命をかけた権利獲得競争を描く実話を元にした奇想天外なビジネス・スリラー。、BPS、ヘンク・ロジャース、テトリスの開発者アレクセイ・パジトノフ、実在のモデルからは演出がハリウッド映画過ぎるという厳しい指摘も、27年間も続いたビデオゲーム「テトリス」人気、Apple TV +、

落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』にまつわるビジネス・スリラー

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』、唯一無二の奇想天外な作風とそれを形にする画家としての高い技量で20世紀を代表する画家の一人となったスペインのアーティスト、サルバドール・ダリ。 ポップ・カルチャー全盛の70年代、ニューヨークで夜ごと繰り広げられるパーティを堪能し尽くし、アートの最前線を独走していたのは、口髭を生やし、奇抜なスタイルのダリだった。 その奇想天外なシュルレアリスムの大家の源泉とは何なのか? ダリと創作パートナーであった妻のガラとの私生活、アートと金の関係など知られざるエピソードを盛り込みダリの真の姿を映し出す。、アート青年、ジェームス・リントン役はエズラ・ミラーが演じる予定だった。、Daliland、メアリー・ハロン、ベン:キングズレー、バルバラ・スコヴァ、エズラ・ミラー、アンドレア・ペジック、クリストファー・ブライニー、ルパート・グレイヴス、スキ・ウォーターハウス、マーク・マッケンナ

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』

エスター ファースト・キル、ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...