• グザヴィエ・ドラン
チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

ダルデンヌ兄弟による最新作は、アフリカから逃げ延びてきた少年少女が互いの固い絆を信じ、生き抜いて行く様を活写してゆく。旅路の果てに彼らが目の当たりにする光景とは・・・、アフリカからの亡命者の過酷な旅路、コンペティション部門正式出品作品、第75回カンヌ国際映画祭、パブロ・シルズ、ムバンドゥ・ジョリィ、シャーロット・デ・ブリュイヌ、ティジマン・ガヴァーツ、マルク・ジンガ、アルバン・ウーキャジ、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、トーリ・アンド・ロキタ、Tori and Lokita

アフリカからの亡命者の過酷な旅路『トーリ・アンド・ロキタ』

感動的なスタンディング・オベーションは、7分間も続き、最後に歓喜のあまり、涙声のグレイ監督が「これは、私の物語です。先週の土曜日に完成したばかりで、本編を観るのは、会場の皆さんが世界で初めてとなります。みんな、ありがとう!、ジェームズ・グレイ監督の少年時代の回想録、ジェームズ・グレイ監督の出身地、ニューヨーク、クイーンズ地区、ヤッピー世代が跋扈する80年代の家族のそれぞれの心模様を描く成長物語、80年代のNYのアメリカ人家族の心打つ成長物語、アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロング、ジェシカ・チャステイン、バンクス・レペッタ、ジェイリン・ウェッブ、ジェームズ・グレイ、アルマゲドン・タイム、Armageddon Time、

80年代NYのアメリカ人家族の心打つ成長物語『アルマゲドン・タイム』

型破りな天才音楽家フランク・ザッパのドキュメンタリー『ZAPPA』

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』