• グロテスク
本作では、リースがプロデューサーを務めている。今後の賞レースの行方が気になるところ。、わたしに会うまでの1600キロ、ハリウッドの人気女優、リース・ウィザースプーンは、オンライン読書会を主催しており、自ら仕掛け、人気を呼んだ小説は、映画化されてきた。、2021年本屋大賞翻訳部門第1位!世界で1000万部を突破した魂を揺さぶる大ベスト・セラー!、2019年、2020年のニューヨーク・タイムズのベストセラーランキングに25週間ランクインし続け、全米500万部のベストセラーを記録した動物学者ディーリア オーエンズによる原作「ザリガニ の 鳴く ところ」を主演にデイジー・エドガー=ジョーンズを迎え、映像化!、全米500万部突破の大ベストセラー完全映画化!、デイジー・エドガー=ジョーンズ、テイラー・ジョン・スミス、ハリス・ディキンソン、デヴィッド・ストラザーン、ミカエル・ハイアット、スターリング・マケル・ジュニア、ジョジョ・レジーナ、オリビア・ニューマン、ザリガニ の 鳴く ところ、Where the Crawdads Sing、

全米500万部突破の大ベストセラー完全映画化!『ザリガニの鳴くところ/Whe...

バイオテクノロジーを使った最先端技術で地球を支配する者が暮らす居住地"城塞"以外は生態系が完全に崩壊した人が住める場所ではなくなった地球。 サバイバル・スキルに長けた13歳の少女、ヴェスパー(ラフィエラ・チャップマン)は、この奇妙で危険に満ちた惑星で病気で苦しむ父ダリウス(リチャード・ブレイク)と共に日々、生き抜いている。 、ハイエンドのバイオテクノロジーを駆使し完全に環境が崩壊した地球、危険に満ちた奇妙な惑星では一部の者が支配し、地上に取り残された人間は決死のサバイバル生活を余儀なくされていた。バイオテクノロジーで荒廃した世界とその世界観の構築に独自の映像センスが感じられるニュージャンルSF、バイオテクノロジーSFファンタジー、ラフィエラ・チャップマン、エディ・マーサン、ロージー・マキュアン、リチャード・ブレイク、エドモンド・デーン、クリスティーナ・ブオジーテ、ブルーノ・サンペル、ヴェスパー、Vesper、

バイオテクノロジーSFファンタジー『ヴェスパー』

広大なアフリカのサバンナを舞台にイドリス・エルバが愛する娘達を決死の覚悟で守る父親を熱演!人間を恨む凶獣との死闘に勝ち目はあるのか?、猛獣との一騎打ち!決死のサバイバル・アクション、イドリス・エルバ、シャールト・コプリー、イヤナ・ハーレイ、リア・ジェフリーズ、メル・ジャーンソン、ビースト、Beast、バルタザール・コルマウクル、

猛獣との一騎打ち!決死のサバイバル・アクション『ビースト』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...