• コミカル
第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、ある視点賞、ボーダー 二つの世界、監督のアリ・アッバシにとって初めてのカンヌ・コ、2000年から2001年の間に神からのミッションと称し、16人もの女性を殺した犯人シーアド・ハニイの事件、実話を基にしたストーリー、イランで実際に起きたセックス・ワーカーばかりを狙った連続殺人事件を追った女性ジャーナリストの苦悩を描くアリ・アッバシ監督最新作!、イラン発!セックス・ワーカーを狙った連続殺人事件を追う!、ザーラ・アミル・エブラヒミ、ミーディ・バァジャスタニ、エラシュ・エシュアニ、フォラジャン・シドジャナッド、シナ・ポーヴァナ、ニマー・アクーボォパー、アリ・アッバシ、ホーリー・スパイダー、Holy Spider、

イラン発!セックス・ワーカーを狙った連続殺人事件を追う!『ホーリー・...

一度見たら、忘れられないグラバーの奇怪なマスクは数タイプあり、『ゾンビ』の生みの親ジョージ・A・ロメオを支えた特殊メイク・アーティスト、『13日の金曜日』などを手がけてきたトム・サヴィーニによるマスター・ピースともいえるもの。、トム・サヴィーニによるグラバーの奇怪なマスク・デザイン、原作は、スティーブン・キングを父に持つジョー・ヒルの短編小説 、スコット・デリクソン監督は『ドクター・ストレンジ/マルチ・バース・オブ・マッドネス』を降板して、その反動でブラムハウスと手を組み本作を監督してシュールで奇怪な傑作ホラーを作り上げ、死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、ジェレミー・デイビス、ジェームズ・ランソン、バンクス・レペッタ、スコット・デリクソン、ブラックフォン、The Black Phone、

死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー『ブラックフォン』

船内で唯一、釣りをして食料になる魚を釣り上げられるのは、掃除係だけだったために人々のパワーバランスやヒエラルキーの逆転が起こる、2017年に『ザ・スクエア 思いやりの聖域』でカンヌ映画祭のコンペ部門の最高賞であるパルム・ドールを受賞し、次に監督した本作で2度連続してパルム・ドールに輝き、史上3人目の監督となったスウェーデンのリューベン・オストルンド監督、富裕層をこき下ろすブラック・ユーモアな風刺映画、2作連続のパルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・パルム・ドール、ハリス・ディキンソン、ウディ・ハレルソン、ズラッコ・ブリッチ、チャールビ・ディーン・クリーク、ハンナ・オルデンブリ、キャロライナ・ジニング、リンダ・アンボーグ、オリバー・フォード・デイヴィーズ、ドリー・デ・レオン、ヴィッキ・ベルリン、イーリス・ベルベン、ビータ・ボリーリャス、サニーイー・メルズ、カミラ・レックバリ、リューベン・オストルンド、スウェーデン、Triangle of Sadness、トライアングル・オブ・サッドネス、

2作連続パルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画『トライア...

2億ドルという記録的な巨費、ネットフリックス史上最高額の制作費!、DCコミックスやマーベルからのオファーを全て蹴ってきたライアン・ゴズリング主演で初めての複数のフランチャイズ映画製作の契約締結、エヴァンスはルッソ兄弟映画初の悪役、人気作家マーク・グリーニー原作、紆余曲折あった映画化企画、身を隠すことが巧みなことから、通称グレイマン (目立たない男)と呼ばれる凄腕のCIA特殊工作員、ライアン・ゴズリング演じる通称グレイマン と呼ばれる凄腕CIAエージェントを暗殺者集団が次々と襲いかかる熾烈なサバイバル・スパイ・アクション・スリラー、Netflix史上最高!2億ドル の巨費を投じたメガ・アクション・スリラー、ライアン・ゴズリング、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、レジ=ジーン・ペイジ、ビリー・ボブ・ソーントン、ジェシカ・ヘンウィック、アルフレ・ウッダード、ダヌーシュ、ジュリア・バターズ、スコット・ヘイズ、ルッソ兄弟、アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ、グレイマン、The Gray Man、

Netflix史上最高!2億ドル の巨費を投じたメガ・アクション・スリラー『グ...

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...