• ゴールデングローブ賞
サム・ニールは、『ジュラシック・パーク』(1993年)撮影時に74歳であったアッテンボロー氏と同じ歳を迎えての感無量の撮影、俳優リチャード・アッテンボローは惜しまれながら2014年に他界し、その名は、イギリス、ロンドンにあるパインウッド撮影所の新設の撮影スタジオ、アッテンボロー・ステージとなって、未来永劫残る、『ジュラシック・パーク』から29年後にして、終わりを告げる壮大な物語、ロックウッド財団のベンジャミン・ロックウッドの非業の死を遂げた一人娘のDNAから作られたクローン人間のメイジー、ジュラシック・ワールド/炎の王国、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後の地球はまさにジュラシック・ワールドへと激変していた・・・。新たな支配者となるのは、恐竜たちか、それとも・・・、人気シリーズの壮大なる終焉、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、デワンダ・ワイズ、ママドゥ・アティエ、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、B・D・ウォン、オマール・シー 、コリン・トレボロウ、Jurassic World: Dominion、ジュラシック・ワールド 新たなる支配者、

人気シリーズの壮大なる終焉『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』

本作は1時間25分の本編尺の中でたった32カット(各シーンは約2分39秒)の場面で構成、長回しの多用で構成された一編、突然、母国に帰国した元女優の心の底にあるもの・・・。 思い出の地を訪ね歩きながら、彼女が見出すこととは?、元女優の心の旅路、イ・ヘヨン、クォン・ヘヒョ、チョ・ユニ、キム・セビョク 、ホン・サンス、韓国、あなたの顔の前に、In Front of Your Face、

元女優の心の旅路『あなたの顔の前に』

天安門事件では軍隊によって自由への夢が打ち消されてゆく様を目撃し、自らを脱走兵と自認する林耀強、文化大革命から逃れるために香港に向かって、海峡を恋人と共に泳ぎ渡った陳克治、幼い頃の愛国心から犯した罪を悔やむ引退した元ビジネスマン石中英、激動の三つの時代を生きた実在する3人の思いが現在の急速に自由が失われてゆく香港の現状と市民運動に参加する若者たちの熱きハートに繋がってゆく。気鋭の映像作家チャン・ジーウンによるドラマとドキュメンタリーの融合で香港への思いを綴ってゆく、香港のアイデンティティとは何なのか?、チャン・ジーウン、Blue Island、Blue Island 憂鬱之島、

香港のアイデンティティとは何なのか?『Blue Island 憂鬱之島』

型破りな天才音楽家フランク・ザッパのドキュメンタリー『ZAPPA』

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...