• サイコロジカル・スリラー
親密すぎる少年たちの痛みを伴う成長譚、大親友同士の13歳の少年二人の関係が環境の変化と共に移り変わりゆく様を描きながら、友人関係とは? そして大人になってゆくことで失われてゆくこと、生じてくる責任や自覚について語られてゆく。 少年たちの心の揺らぎを真摯に捉えた感動の成長物語。、同性愛疑惑、アイスホッケー、監督に電車で見初められたラッキーボーイのエデン、ホックニーの名画が本作の創造の源泉、第95回アカデミー賞・ノミネート:国際長編映画賞(ベルギー選出)、CLOSE クロース、Close、ルーカス・ドン、エデン・ダンブリン、グスタフ・ドゥ・ワエル、エミリー・ドゥケンヌ、レア・ドリュッケール、ケヴィン・ヤンセンス、

親密すぎる少年たちの痛みを伴う成長譚『CLOSE クロース』

水の都で起きる狂気の殺人テラー『ベネシアフレニア』、カルトな作風で知られるスペインが生んだ奇才アレックス・デ・ラ・イグレシア最新作。 深刻化する水の都ベネチアの環境汚染問題に端を発し、観光客ばかりを狙う道化の格好をした殺人鬼による連続殺人事件が頻発する。 標的にされるスペイン人観光客の殺人鬼との死闘を描いた異色のサスペンス・ホラー。、ジャッロ映画へのオマージュ、ジャーロ、赤い影、水の都ベネチア、1929年のミステリー小説に記述された言葉、ジャッロを起源とするイタリアで定着した幻想的でエロティックな犯罪スリラーの内容を含むジャンル映画、イタリアのダリオ・アルジェントやマリオ・バーヴァといった名匠が作り上げたジャッロ映画へのオマージュともとれる異様な殺戮の世界、

水の都で起きる狂気の殺人テラー『ベネシアフレニア』

小説家の映画、The Novelist's Film、ホン・サンス、イ・ヘヨン、キム・ミニ、パク・ミソ、ソ・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、キ・ジュボン、チョ・ユニ、ハ・ソングク、イ・ユンミ、キム・シハ、新しい出会いと人生第二章の幕開け、ホン・サンス映画の顔である女優キム・ミニと前作『あなたの顔の前に』(2021年)のイ・ヘヨンが女優と短編映画を撮ろうとする小説家として共演する。 邁進してきた道で成功を収めつつも心に悩みを抱えて生きてきた二人の女性の出会いを軸に友人たちとのふれあいと人生の新たなページが捲られる時に感じられる清々しい心のざわつきのひとときを描く。、多作の人、ホン・サンス監督、第72回ベルリン国際映画祭:銀熊賞(審査員大賞)

新しい出会いと人生第二章の幕開け『小説家の映画』

エスター ファースト・キル、ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...

シュールなパラノイア・コメディ『ボー・イズ・アフレイド/Beau Is Afraid(原題)』、演技派俳優の極みを疾走するホアキン・フェニックス主演! 現代が生んだ"マスター・オブ・ホラー" アリ・アスター監督最新作は、まるでカフカの世界を時で行くかのような不可解極まりない奇怪な不条理劇。 妄想癖のある男ボー、悪夢のような奇妙な旅路の果てで彼が目にしたものとは・・・。、悪夢のような不条理劇の元ネタはアリ・アスターの過去の短編映画、エイプリル・フールに黙って作品を差し替えて映画館で公開1ヶ月前にフライング上映、

シュールなパラノイア・コメディ『ボー・イズ・アフレイド/Beau Is Afraid...