• サイコロジカル・スリラー
tokyo filmex、その土地の記憶を映し出す「泥」でひたすら建造物を造る男。次第にそれは造り手である男に多大な影響を及ぼしはじめるようになる、ひとりの男が泥でつくる不思議な塔。やがて、それは命を持ちはじめる『ダム』、filmex、東京フィルメックス、The Dam、アリ・チェッリ、Ali CHERRI、マヘル・エル・ハイル、スペシャル・メンション、ダム、

ひとりの男が泥でつくる不思議な塔。やがて、それは命を持ちはじめる『ダム』

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...

ユートピアの町、ヴィクトリー、ヴィクトリー・プロジェクト、女優であり、監督業にも進境著しいオリヴィア・ワイルドの最新作は、グラマラスな1950年代アメリカの桃源郷のようなデザートの町を舞台に密かに行われている極秘実験の恐るべき謎を主演に『ミッドサマー』の絶叫女優フローレンス・ピューを得て描くスタイリッシュな意欲作!、そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー、フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ、オリヴィア・ワイルド、クリス・パイン、ジェンマ・チャン、キキ・レイン、ニック・クロール、オリヴィア・ワイルド、Don't Worry Darling、ドント・ウォーリー・ダーリン、

そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー『ドント・ウォーリー・...

テンポよく練り込まれたストーリー、ユニークな演者たちの凄み、カメラワークの妙技、活動歴21年の筋金入りのインディーズ・フィルム・ユニット「群青いろ」、映像ユニット「群青いろ」が放つ待望の最新作は、高校生が動物園の猿を逃がしたという実際にあったニュースを元に高橋泉監督が脚本を練り上げた。動物園の檻を壊して猿を逃がしたことから誹謗中傷に晒されることとなる女子高生の真実を探り始めるルポライター優子だったが、取材を進めるうちに彼女の精神は乱されてゆく・・・、髙橋泉と廣末哲万による映像ユニット「群青いろ」の最新作は実話ベースのポップなサイコロジカル・ストーリー、メイド・イン・ジャパン部門、新恵みどり、廣末哲万、藤嶋花音、萩原護、高橋泉、Why Did She Let the Monkeys Loose?、彼女はなぜ、猿を逃したか?、第23回東京フィルメックス、

髙橋泉と廣末哲万による映像ユニット「群青いろ」の最新作は実話ベースの...

本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『ター/Tár(原題)』