• シネマガゼット
船内で唯一、釣りをして食料になる魚を釣り上げられるのは、掃除係だけだったために人々のパワーバランスやヒエラルキーの逆転が起こる、2017年に『ザ・スクエア 思いやりの聖域』でカンヌ映画祭のコンペ部門の最高賞であるパルム・ドールを受賞し、次に監督した本作で2度連続してパルム・ドールに輝き、史上3人目の監督となったスウェーデンのリューベン・オストルンド監督、富裕層をこき下ろすブラック・ユーモアな風刺映画、2作連続のパルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・パルム・ドール、ハリス・ディキンソン、ウディ・ハレルソン、ズラッコ・ブリッチ、チャールビ・ディーン・クリーク、ハンナ・オルデンブリ、キャロライナ・ジニング、リンダ・アンボーグ、オリバー・フォード・デイヴィーズ、ドリー・デ・レオン、ヴィッキ・ベルリン、イーリス・ベルベン、ビータ・ボリーリャス、サニーイー・メルズ、カミラ・レックバリ、リューベン・オストルンド、スウェーデン、Triangle of Sadness、トライアングル・オブ・サッドネス、

2作連続パルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画『トライア...

チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

型破りな天才音楽家フランク・ザッパのドキュメンタリー『ZAPPA』

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』