• シャーリーズ・セロン
血は争えないと感じさせるその映画観は、まるで香港の雨傘運動やブラック・ライヴズ・マター 等、様々な市民運動、果ては国内内戦までも想起させる現代社会に問題提示を投げかける力作を完成させた、ユダヤ人虐殺の戦争犯罪を描いた法廷ドラマ『ミュージックボックス』(1989年)やチリでの軍事クーデター中に起きた失踪事件を映画化した『ミッシング』(1982年)など、絶えず骨太なテーマで映画を撮り続けてきたアテネ出身の映画監督コスタ=ガヴラス監督を父に持つロマン・ガヴラス監督、骨太な作風は、父親コスタ=ガヴラス監督譲り、一人の少年の死をきっかけにして住民と警察との全面戦争へと発展してゆく・・・ 要塞化した街で戦闘を指揮する殺された少年の兄弟と騒乱を鎮める立場の警察官の兄、憎悪をぶつける住民感情、復讐、不満、悪意、守ること、正義、様々な思いが錯綜し、決して引き返すことができない沸点までエスカレートしてゆく、全面戦争へと発展する市民暴動の行方は?クライム・サスペンス、Netflix、ネットフリックス、ダリ・ベンサラ、サミ・スリマン、アンソニー・バホン、オウアッシーニ・エンバレック、アレクシス・マネンティ、カリム・ラズミィ 、アテナ、Athena、ロマン・ガヴラス、

全面戦争へと発展する市民暴動の行方は?クライム・サスペンス『アテナ/At...

謎めいた主宰が運営する芸術研究所で料理と栄養をテーマにしたあらゆる食べ物を溶解させた時に起こる食欲を無くすような気持ちの悪い音から”ソニック・ケイタリング” と呼ばれるシュールな実験パフォーマンスを行うグループがいた、怪奇な映像作家ピーター・ストリックランドの最新作は、映画で誰もこんなことは考えなかった⁉︎ 食物と人間の栄養、健康状態の関連性をコミカルにアート・テイストの中にホラー風味をたっぷり塗り込んで、挙句の果ては人間関係の崩壊を描くエグい怪作!、実験精神旺盛なシュールなブラック・コメディ、第72回ベルリン国際映画祭:エンカウンター部門正式出品作、エイサ・バターフィールド、グェンドリン・クリスティー、アリアン・ラベド、ファトマ・モハメッド、マキス・パパディミトリウ、リチャード・ブレマー、レオ・ビル、ピーター・ストリックランド、フラックス・グルメ、Flux Gourmet

実験精神旺盛でシュールなブラック・コメディ『フラックス・グルメ』

今後の活躍が期待される才能溢れる27歳の監督クイン・シェパードに要注目!、子役からスタートした27歳の女優クイン・シェパードが自ら書いたオリジナル・ストーリーでメガホンをとった監督最新作!得意の画像加工であたかもパリにいるかのような日記投稿で人気者となった女の子がひょんな事から時の人となってゆくサクセス・ストーリーからの奈落の底への転落の人生を描いた現代で実際に起こりうる野心作、SNS映えのために嘘を嘘で塗り固めた女の子が辿る末路…、Disney +、ゾーイ・ドゥイッチ、ディラン・オブライエン、ミア・アイザック、ティア・ディオンヌ・ホッジ、ナディア・アレクサンダ 、クイン・シェパード、ノット・オーケー!、Not Okay、

SNS映えのために嘘を嘘で塗り固めた女性が辿る末路…『ノット・オーケー!』

ムルソー、ヴォルネイ、シャンボール・ミュジニー、ジュヴレ・シャンベルタン、ロマネコンティ、伝説的な醸造家ジャック・ピュイゼ、フランスを代表する偉大なワインの生産地、中世に遡ると言われるブルゴーニュ地方。ワイン醸造家らが特級畑から摘み取られた葡萄から神々しいまでのワインに育て上げる様をカメラは美しく活写してゆく。極上のワインにまつわる叙事詩のようなドキュメンタリー、ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる、マリー=アンジュ・ゴルバネフスキー、The Soul of Wine、ソウル・オブ・ワイン、

ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる『ソウル・オブ・ワイン』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、UNIMED(地中海大学学生連盟)賞、22分間短くしたショートバージョンのリリースを発表、20年ぶりに故郷メキシコでのオールロケ作品となった、歴代の有名監督が作ってきたような監督自身を投影させた映画についての内省的な物語、ハリウッドで成功を収めてきたメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト監督が溢れかえる映画愛を披露する幻視的なメキシカン映像作家クロニクル、イニャリト監督 の映画愛が溢れ出す、Netflix、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、Bardo、バルド、偽りの記録と一握りの真実、

イニャリトゥ監督 の映画愛が溢れ出す『バルド、偽りの記録と一握りの真実』