• ジェイソン・シュワルツマン
バルド、偽りの記録と一握りの真実、Bardo: False Chronicle of a Handful of Truth、メキシコ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、Netflix、『バルド、偽りの記録と一握りの真実』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が16年ぶりに来日し、黒澤明賞を受賞!、最新作『バルド、偽りの記録と一握りの真実』が公開間近のメキシコが誇る映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが16年ぶりに東京国際映画祭の会期中に来日。世界の映画界に貢献した故・黒澤明監督の偉大な業績を長く後世に伝え、新たな才能を世に送り出していくために、世界の映画界に貢献した映画人、そして映画界の未来を託していきたい映画人に贈られる賞である黒澤明賞が実に14年ぶりに復活し、イニャリトゥ監督と深田 晃司監督の2名に授与された、

『バルド、偽りの記録と一握りの真実』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニ...

ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...

広大なアフリカのサバンナを舞台にイドリス・エルバが愛する娘達を決死の覚悟で守る父親を熱演!人間を恨む凶獣との死闘に勝ち目はあるのか?、猛獣との一騎打ち!決死のサバイバル・アクション、イドリス・エルバ、シャールト・コプリー、イヤナ・ハーレイ、リア・ジェフリーズ、メル・ジャーンソン、ビースト、Beast、バルタザール・コルマウクル、

猛獣との一騎打ち!決死のサバイバル・アクション『ビースト』

Stonewalling、石門、ホワン・ジー、大塚竜治、ヤオ・ホングイ、第23回東京フィルメックス、ひとが子供を産み、育てるのはなぜなのか?人類普遍の問いへの答えを探る、予期せぬ妊娠に気づいた二十歳のリン。彼女はその事実にどう向き合っていくのか?アジアの超大国となった現代中国においても弱者の立場のままの女性の現状を描きながら、シンプルかつ人類永遠の営みへの答えを問う

ひとが子供を産み、育てるのはなぜなのか?人類普遍の問いへの答えを探る...

netflix、Mr. Harrigan's Phone、ハリガン氏の電話、スティーブン・キング、ジェイデン・マーテル、ドナルド・サザーランド、ホラー

大富豪の老人の死後もiPhoneで繋がり続けた少年の奇譚『ハリガン氏の電話』