• ジョディ・カマー
マッシブ・タレント、The Unbearable Weight of Massive Talent、トム・ゴーミカン、ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、ティファニー・ハディッシュ、シャロン・ホーガン、パコ・レオン 、ニール・パトリック・ハリス、リリー・モー・シーン、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキピオ、カトリン・ヴァニュコヴァ、デミ・ムーア、アンナ・マクドナルド、『マッシブ・タレント』の前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演作3本!、運に見放されたニコラス・ケイジが100万ドルのカネ欲しさに向かった先は、スペインの大富豪のお屋敷。 だがニックの大ファンを自称する大富豪は、実は犯罪組織の大ボスだったから、さぁ、大変! 面倒なことには巻き込まれたくないニックだったが、マブダチとなった大ボスとまるでバディものアクション映画のような地獄の展開に・・・。 あっと驚くスターのカメオ出演も用意されているニック節全開の超痛快アクション・コメディ。 劇中、ニック自らオマージュを捧げている過去の輝かしい代表作を知れば本作『マッシブ・タレント』をマシマシで楽しめるのは間違いない!、落ち目になっても25億円もの財産があったニック、だがその特異な浪費癖から金欠となっていく、ニコラス・キム・コッポラ、『ワイルド・アット・ハート』、『フェイス/オフ』、『60セカンズ』、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018年)『カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-』(2020年)『PIG/ピッグ』(2021年)『ウィリーズ・ワンダーランド』(2021年)、『赤ちゃん泥棒』(1987年)や『ハネムーン・イン・ベガス』(1992年)、

『マッシブ・タレント』を観る前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演...

英国王は駐車場の下に眠っていた⁉︎ 衝撃の実話『ロスト・キング 500年越しの運命』、リチャード三世の死後100年以上経過してから書かれたシェイクスピアの戯曲によって、リチャード三世の本来のイメージは大きく歪められてきた。 だが、2012年、イギリス・レスターの駐車場で500年もの間、行方知れずとなっていた英国王リチャード三世の遺骨が発見されたことから真実が明るみになる。 本当の王の姿を蘇らせたのは、日常生活では職場でも家庭でも不当な扱いを受け、自らの直感を信じて情熱をもって発掘のリーダーシップをとった歴史愛好家の主婦フィリッパ・ラングレーだった。、謎に包まれたリチャード三世の遺骨、ボウルダー国際映画祭:最優秀商業作品賞、バルセロナ - サンジョルディ国際映画祭:最優秀脚本賞、The Lost King、スティーヴン・フリアーズ、サリー・ホーキンス、スティーヴ・クーガン、ハリー・ロイド、マーク・アディ、ジェームス・ロトガー、アマンダ・アビントン、ショナー・プライス、ヘレン・カタンバ、フィービー・プライス 、

英国王は駐車場の下に眠っていた⁉︎ 衝撃の実話『ロスト・キング 500年越し...

魔法のようなラブ・ストーリー、ジョージアの新鋭監督アレクサンドレ・コベリゼがかける恋の魔法。 一目惚れした男女が一晩で別人に変わってしまうという呪いのような魔法が織りなす美しい古都クタイシの人々との心温まる交流。、ジョージアの美しい古都、クタイシ、邪悪な呪い、心温まるおとぎ話、映画学校の卒制作作品が世界的な評価に繋がる快挙、ベルリンの映画学校、ジョージアのフィルム・センター、助成金、第71回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門出品作品・国際批評家連盟賞、シカゴ国際映画祭:最優秀脚本賞・アレクサンドレ・コベリゼ、東京フィルメックス2021:最優秀作品賞(グランプリ)、学生審査員賞、What Do We See When We Look at the Sky?、ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう、アレクサンドレ・コベリゼ、ギオルギ・アンブロラゼ、オリコ・バルバカゼ、ギオルギ・ボチョリシビリ、アニ・カルセラゼ、バフタング・パンチュリゼ 、

魔法のようなラブ・ストーリー『ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう』

映画『プラダを着た悪魔』でスタンリー・トゥッチ演じるナイジェル役のモデルはアンドレ、アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者、The Gospel According to André、ケイト・ノヴァック、ドキュメンタリー、アンドレ・レオン・タリー、アナ・ウィンター、トム・フォード、マーク・ジェイコブス、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルド、ノーマ・カマリ、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、ウーピー・ゴールドバーグ、イザベラ・ロッセリーニ、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、ラルフ・ルッチ、サンドラ・バーンハード、マノロ・ブラニク、アンドレ・ウォーカー、Bunkamura ル・シネマ、昨年他界した長年に渡りファッション界に貢献し続けてきたアンドレ・レオン・タリー、アメリカ南部で幼少期を過ごしたアフリカ系アメリカ人の青年がヴォーグ誌に所属し、名物編集長アナ・ウィンターの片腕として、影響力のあるファッションキュレーターとなるまでの足跡をマーク・ジェイコブス、トム・フォード、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルド、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、等、世界的な有名ファッション・デザイナーやハリウッド・セレブたちの証言と共に感動的に描く。

ファッション業界のレジェンドの生き様『アンドレ・レオン・タリー 美学の...

HOW TO BLOW UP、非暴力不服従運動、挑発的なエコ・スリラー『パイプライン爆破法 (仮題)/How to Blow Up a Pipeline』、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムに、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムによる環境破壊と闘う思想とその行動を描いた欧米で大きな波紋を投げかけた話題の書「パイプライン爆破法 ー 燃える地球でいかに闘うか」にインスパイアされ映像化。 何と、本作完成後にFBIから"エネルギー施設破壊を助長する可能性がある危険な思想の詰まった内容"だとして、警告が発せられたという前代未聞の曰くつきの映画となっている。 ダニエル・ゴールドヘイバー監督がメガホンをとったストーリーは環境運動のためエコ・テロリズムを計画する様々な事情から集まった8名の環境活動家たちの目的遂行までの道のりを描く。 彼らは手始めに西テキサス、石油パイプラインの爆破テロを計画するのだが・・・。、原案となった本の著者は気候変動問題について独創的な思想家と呼ばれるアンドレアス・マルム、パイプライン爆破法 、ハウ・トゥ・ブロウ・アップ・パイプライン、How to Blow Up a Pipeline、ダニエル・ゴールドヘイバー、アリエラ・ベアラー、クリスティン・フロセス、ルーカス・ゲイジ、フォレスト・グッドラック、サッシャ・レイン、ジェイミー・ローソン、マーカス・スクリブナー、ジェイク・ウィアリー

挑発的なエコ・スリラー『HOW TO BLOW UP』