• ジョージ・ミラー
デスパレート・ラン、ジョギング、手に汗握るハート・ビーティング・スリラー!ナオミ・ワッツ演じる母が拉致された自分の子供たちの命を救うため、数キロ離れた山野を必死に駆け巡る!、救出できるのは自分のみ!子供たちの命を守るため、母は決死の覚悟で走る‼、ナオミ・ワッツ、コルトン・ゴボ、シェラ・マルビー、フィリップ・ノイス、The Desperate Hour、ザ・デスペレート・アワー、LAKEWOOD,レイクウッド、

ハート・ビーティング・スリラー!『デスパレート・ラン』

バイクに跨った強者どもが夢のあと『バイクライダーズ / The Bikeriders』、数十年に渡って続いた架空のモーターサイクル・クラブ、ヴァンダルスの栄枯盛衰を描くフィクショナル・ストーリー。 監督は、巨大台風に全てが破壊されるという妄想に取り憑かれた男がシェルターを一人で建造する姿を描いた風変わりなサイコロジカル・スリラー『テイク・シェルター』(2011年)でカンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリを受賞したインデペンデント精神溢れる気骨の映画監督ジェフ・ニコルズ。 映画化にあたってオースティン・バトラー、ジョディ・カマー、トム・ハーディ、マイケル・シャノン、ノーマン・リーダスといった旬の演技派や曲者俳優が一堂に介した。 原作は存在せず、原案となったものはアメリカの写真家ダニー・ライアンがバイカーたちの自由放蕩な日々を密着撮影した写真集「The Bikeriders」。 その写真集から強いイメージを抱いたニコルズ監督が後にオリジナル・ストーリーを書き上げた。 長年に渡り、映画化を夢想するニコルズに対し、本作にも登場する同監督の常連俳優マイケル・シャノンは、そんな話、映画化できるわけがないと監督の熱き想いは否定的に受け止められてきたという。 60年代から70年代にかけての激動のアメリカ社会で自由で破天荒に生きたアウトローたちの姿を描いた本作が現代に問うこととは?、オースティン・バトラー演じるベニーのリアル過ぎるタトゥーは実はフェイク、バイクライダーズ、The Bikeriders、ジェフ・ニコルズ、オースティン・バトラー、ジョディ・カマー、トム・ハーディ、マイケル・シャノン、マイク・ファイスト、ノーマン・リーダス、ボイド・ホルブルック、デイモン・ヘリマン、ボー・ナップ、エモリー・コーエン、カール・グルスマン

バイクに跨った強者どもが夢のあと『バイクライダーズ / The Bikeriders』

斬新なDCユニバース構想の始まり!時空を超えるアクション・ヒーロー『ザ・フラッシュ』、母を救うため過去を遡ったフラッシュだったが、時空を歪めたためにかつてスーパーマンが倒した宿敵ゾッド将軍が蘇ってしまう。 フラッシュはもう一人の自分、二人のバットマン、スーパーガールと共に大軍が時空を超えて現代を滅亡させようと攻めてくる未曾有の危機に立ち向かう。、亜光速で移動できる能力を持つ地上最速のスピードスター、『ダークナイト』以来の最高評価だったテスト試写会、The Flash、アンディ・ムスキエティ、エズラ・ミラー、サッシャ・カジェ、ベン・アフレック、マイケル・キートン、マイケル・シャノン、アンチュ・トラウェ、マリベル・ベルドゥ、ロン・リビングストン、キアシー・クレモンズ、ニコラス・ケイジ 、DCユニバース、

斬新なDCユニバース構想の始まり!時空を超えるアクション・ヒーロー『ザ...

実際に起きた石油利権をめぐる連続怪死事件の完全映画化!『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』、原作は「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー・リストに40週連続でランクインした実話を綿密に調べ書き上げた作家デイヴィッド・グランによる前代未聞のベストセラー・ノンフィクション『花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』 石油利権にまつわる白人によるネイティブ・アメリカンに対する容赦のない収奪の実態と周囲で起きる謎の連続怪死事件を一人の捜査官が追う。 巨匠マーティン・スコセッシ監督が常連俳優であるレオナルド・ディカプリオとロバート・デニーロの2大スターを迎えた渾身のクライム・ストーリー。、4回目の共演となるレオナルド・ディカプリオとロバート・デ・ニーロのご縁は切っても切れない仲、Killers of the Flower moon、マーティン・スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ、ロバート・デ・ニーロ、リリー・グラッドストーン、ジェシー・プレモンス、タントゥー・カーディナル、ブレンダン・フレイザー、ジョン・リスゴー、カーラ・ジェイド・マイヤーズ、ジャナエ・コリンズ、ジリアン・ディオン、スコット・シェパード、ルイス・キャンセルミ、ウィリアム・ベロー、パット・ヒーリー、タタンカ・ミーンズ、マイケル・アボット・ジュニア、Apple TV +、

実際に起きた石油利権をめぐる連続怪死事件の完全映画化!『キラーズ・オ...

第36回 東京国際映画祭・オープニング作品、第96回アカデミー賞国際長編映画賞部門・日本代表、名匠ヴィム・ヴェンダース監督作にして、日本が誇る名優、役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』 『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由、 ミニマムなストーリーでありながら、まるで僧侶のような日々を送る主人公の姿を繊細に捉えた本作は国内外で絶賛されている。トイレ清掃員として働く男の日常がなぜかくも観た者の憧憬を誘い、美しく見えるのか?その“美しく見える”仕組みを紐解く清貧な生活の裏にある“ゆとり”、踊るホームレスは未来の平山の姿?、現実をざっくりと横に避けた演出、“面倒”な部分がバッサリ省かれている、清貧という名のお伽話、瓢箪から駒! な傑作、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、主演男優賞・役所広司、エキュメニカル審査員賞、パーフェクト・デイズ、Perfect Days、ヴィム・ヴェンダース、役所広司、中野有紗、柄本時生、アオイヤマダ、麻生祐未、石川 さゆり、三浦 友和、田中 泯

『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由