• タイカ・ワイティティ
良識と民主主義、そして平和共存を求めた人、エクトル・アバド・ゴメス 本作の原作は、エクトル・アバド・ゴメス博士を父に持つエクトル・アバド・ファシオリンセが父、ゴメス博士の波乱万丈の生涯を息子の視点から綴った回想録で世界的ベストセラー小説となった「父の思い出/El olvido que seremos(原題)」 、1970年代、麻薬カルテルが台頭するコロンビアの「メデジン」、 自由を声高に謳う、医師である父の波乱の人生をその息子が見つめ続けた感動の物語、真の自由を求め続けた父の波乱の生涯、ハビエル・カマラ、ニコラス・レイズ・カノ、フアン・パブロ・ウレゴ、パトリシア・タマヨ、マリア・テレサ・バレート、ラウラ・ロンド―ニョ、エリザベス・ミノッタ、カミ・セア、ルシアナ・エチェベリ、カミラ・サラテ、ウィット・スティルマ、フェルナンド・トルエバ、Memories of My Father、あなたと過ごした日に、

真の自由を求め続けた父の波乱の生涯『あなたと過ごした日に』

一度見たら、忘れられないグラバーの奇怪なマスクは数タイプあり、『ゾンビ』の生みの親ジョージ・A・ロメオを支えた特殊メイク・アーティスト、『13日の金曜日』などを手がけてきたトム・サヴィーニによるマスター・ピースともいえるもの。、トム・サヴィーニによるグラバーの奇怪なマスク・デザイン、原作は、スティーブン・キングを父に持つジョー・ヒルの短編小説 、スコット・デリクソン監督は『ドクター・ストレンジ/マルチ・バース・オブ・マッドネス』を降板して、その反動でブラムハウスと手を組み本作を監督してシュールで奇怪な傑作ホラーを作り上げ、死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、ジェレミー・デイビス、ジェームズ・ランソン、バンクス・レペッタ、スコット・デリクソン、ブラックフォン、The Black Phone、

死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー『ブラックフォン』

チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

サム・ニールは、『ジュラシック・パーク』(1993年)撮影時に74歳であったアッテンボロー氏と同じ歳を迎えての感無量の撮影、俳優リチャード・アッテンボローは惜しまれながら2014年に他界し、その名は、イギリス、ロンドンにあるパインウッド撮影所の新設の撮影スタジオ、アッテンボロー・ステージとなって、未来永劫残る、『ジュラシック・パーク』から29年後にして、終わりを告げる壮大な物語、ロックウッド財団のベンジャミン・ロックウッドの非業の死を遂げた一人娘のDNAから作られたクローン人間のメイジー、ジュラシック・ワールド/炎の王国、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後の地球はまさにジュラシック・ワールドへと激変していた・・・。新たな支配者となるのは、恐竜たちか、それとも・・・、人気シリーズの壮大なる終焉、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、デワンダ・ワイズ、ママドゥ・アティエ、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、B・D・ウォン、オマール・シー 、コリン・トレボロウ、Jurassic World: Dominion、ジュラシック・ワールド 新たなる支配者、

人気シリーズの壮大なる終焉『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』

感動的なスタンディング・オベーションは、7分間も続き、最後に歓喜のあまり、涙声のグレイ監督が「これは、私の物語です。先週の土曜日に完成したばかりで、本編を観るのは、会場の皆さんが世界で初めてとなります。みんな、ありがとう!、ジェームズ・グレイ監督の少年時代の回想録、ジェームズ・グレイ監督の出身地、ニューヨーク、クイーンズ地区、ヤッピー世代が跋扈する80年代の家族のそれぞれの心模様を描く成長物語、80年代のNYのアメリカ人家族の心打つ成長物語、アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロング、ジェシカ・チャステイン、バンクス・レペッタ、ジェイリン・ウェッブ、ジェームズ・グレイ、アルマゲドン・タイム、Armageddon Time、

80年代NYのアメリカ人家族の心打つ成長物語『アルマゲドン・タイム』