• タトゥー
tokyo filmex、その土地の記憶を映し出す「泥」でひたすら建造物を造る男。次第にそれは造り手である男に多大な影響を及ぼしはじめるようになる、ひとりの男が泥でつくる不思議な塔。やがて、それは命を持ちはじめる『ダム』、filmex、東京フィルメックス、The Dam、アリ・チェッリ、Ali CHERRI、マヘル・エル・ハイル、スペシャル・メンション、ダム、

ひとりの男が泥でつくる不思議な塔。やがて、それは命を持ちはじめる『ダム』

長年、親友同士だったはずの友人に突然の絶縁状を叩きつけられた男の悲喜劇を『スリー・ビルボード』の名匠であり劇作家のマーティン・マクドナーが舞台用だった脚本を映画に翻案、演技達者たちを集めエモーショナルな傑作に仕立て上げた、親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア、コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、パット・ショート、デイビット・ピアース、マーティン・マクドナー、アイルランド、イニシェリン島の精霊、The Banshees of Inisherin、

親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア『イニシェリン島...

配信オンリーの予定だった17億円の低予算映画が大化け!、患者の不可解な壮絶死を目撃したことから精神科医ローズの身の回りで起き始める理解不能な恐怖体験、不気味な笑みを見たら、1週間後に見た者に死が訪れる・・・ それは妄想なのか? それとも・・・、不気味な笑みを見たら必ず死が訪れる、ソシー・ベーコン、ケイトリン・ステイシー、カイル・ガルナー、ロビン・ワイガート、ジェシー・アッシャー、ケビン・ケッピー、カル・ペン、ケビン・ベーコンの娘、スマイル、Smile、パーカー・フィン、

不気味な笑みを見たら必ず死が訪れる『スマイル/Smile(原題)』

バルド、偽りの記録と一握りの真実、Bardo: False Chronicle of a Handful of Truth、メキシコ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、Netflix、『バルド、偽りの記録と一握りの真実』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が16年ぶりに来日し、黒澤明賞を受賞!、最新作『バルド、偽りの記録と一握りの真実』が公開間近のメキシコが誇る映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが16年ぶりに東京国際映画祭の会期中に来日。世界の映画界に貢献した故・黒澤明監督の偉大な業績を長く後世に伝え、新たな才能を世に送り出していくために、世界の映画界に貢献した映画人、そして映画界の未来を託していきたい映画人に贈られる賞である黒澤明賞が実に14年ぶりに復活し、イニャリトゥ監督と深田 晃司監督の2名に授与された、

『バルド、偽りの記録と一握りの真実』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニ...

netflix、Mr. Harrigan's Phone、ハリガン氏の電話、スティーブン・キング、ジェイデン・マーテル、ドナルド・サザーランド、ホラー

大富豪の老人の死後もiPhoneで繋がり続けた少年の奇譚『ハリガン氏の電話』