• ダグマーラ・ドミンスク
家族一人の死か、世界の終わりか? 不条理ホラー『ノック 終末の訪問者』、前作『オールド』(2021年)に続く大ドンデン返しの帝王M・ナイト・シャマラン監督最新作! 突如、謎の訪問者たちに家に押し入られ、愛する家族1人の犠牲か、世界の終焉か?とあまりにも荒唐無稽な非情の選択を迫られる家族の不可解で不条理な運命。、スティーブン・キングも絶賛する小説「終末の訪問者」の映画化、幻想的なホラー、ダーク・ファンタジー・ジャンルの第一人者であるイギリス人小説家ポール・トレンブレイによるベストセラー小説。 トレンブレイの才能を認めるスティーブン・キングもその作品世界を"戦慄すべき挑発である"と絶賛している。、レオナード役を怪演したデイヴ・バウティスタの演技は非常に評価が高い、未来の苦難の予言をもたらすヨハネの黙示録の四騎士、Knock at the Cabin、M・ナイト・シャマラン、デイヴ・バウティスタ、ジョナサン・グロフ、ベン・オルドリッジ、ニキ・アムカ=バード、ルパート・グリント、アビー・クイン、クリステン・キュイ、

家族一人の死か、世界の終わりか? 不条理ホラー『ノック 終末の訪問者』

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』、旧ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに祖国を焼かれたフィンランド。 愛犬と旅する謎の老兵コルピがたまたま掘り当てた金塊。 だが、お宝の臭いを嗅ぎつけたナチスの戦車兵団に老兵はつけ狙われることに・・・。 ナチスに対抗する武器はツルハシ一本のみ、地雷原での勝ち目のない銃撃戦で撃たれようとも縛首になろうとも強靭な体力と知力でピンチを切り抜け死ぬことを拒否した謎の老兵の正体とは? CG少なめ、まるで往年のオールド・スクールの典型的なアクション映画を思い出させてくれる胸のすく傑作が世界一幸せな国と言われるフィンランドから生まれた。 老兵は、本当にツルハシ一本でナチス兵団を討てるのか?、コロナ禍が生んだアクション映画の傑作にはモデルとなったフィンランド兵士がいた!、シモ・ヘイ、シッチェス・カタロニア国際映画祭:主演男優賞・ヨルマ・トンミラ、撮影賞・クジェル・ラーゲルース、作品賞(オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション)、オリジナル楽曲賞・ジュリー・セップ、トゥオーマス・ワイノーラ、SISU シス 不死身の男、ヤルマリ・ヘランダー、ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー、ジャック・ドゥーラン、ミモザ・ウィラモ、オンニ・トンミラ、アルトゥ・カプライネン、セヴィリ・サーリネン

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』

歴史を変える秘宝の謎『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』、ハリソン・フォードが伝説の考古学者であり冒険家インディ・ジョーンズを演じる大ヒット・シリーズ第5作! インディが生涯をかけて探し続けた伝説の秘宝「運命のダイヤル」。 元ナチスの科学者フォラーもまた人間の想像をはるかに超え歴史を変える力を持つと言われる秘宝を狙っていた。 インディ史上、最大にして最後のアクション・アドベンチャーの幕があがる。、公開時期には、何と81歳となる若々しいハリソン・フォード、異例ずくめの第5作目、ジェームズ・マンゴールド、ハリソン・フォード, フィービー・ウォーラー=ブリッジ, アントニオ・バンデラス, マッツ・ミケルセン、ジョン・リス=デイヴィス, ボイド・ホルブルック、トーマス・クレッチマン、シャウネット・レネー・ウィルソン、トビー・ジョーンズ 、Indiana Jones and the Dial of Destiny、

歴史を変える秘宝の謎『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』

間違いなく20世紀映画界の異人『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)』、60年代、フランス映画界で革新的な映画運動「ヌーヴェ ル・ヴァーグ」を先導した鬼才ジャン=リュック・ゴダール。 独自のスタイルを探求し、唯一無二の映像作家として駆け抜け、映画を愛する者たちから崇拝され続けてきたJLGが生み出してきた140本以上の映画作品。 2022年9月、91歳でこの世を去った映画界の異人の反逆の作家人生と謎の多いその人となりに迫ったドキュメンタリー。、真のイノベーターであった映像作家JLGが行き着いた映画への思い、ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)、Godard Cinema、シリル・ルティ、ギヨーム・グイ(声)、ナタリー・バイ、クリストフ・ブルセイエ、ジュリー・デルピー、ロマン・グーピル、マーシャ・メリル、ハンナ・シグラ、マリナ・ヴラディ、ジャン=リュック・ゴダール、

間違いなく20世紀映画界の異才『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画...

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル! 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』