• テネット
本作はベルギー産傑作スリラー『ザ・ヒットマン』(2003年)のリメイク、リーアム・ニーソンが次第に自分が標的になってゆく記憶喪失症に悩む凄腕の暗殺者を演じるアクション・スリラー、記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス、リーアム・ニーソン、ガイ・ピアース、モニカ・ベルッチ、ハロルド・トーレス、タジ・アトワル、 レイ・フィアロン、レイ・スティーヴンソン、ステラ・ストッカー、アントニオ・ジャラミロ、メモリー、Memory、マーティン・キャンベル、

記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス『メモリー』

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

ジョン・ウィック、『ブレット・トレイン』の興行的成功次第では、『マリアビートル』の前作にあたる日本では2015年に映画化もされている『グラスホッパー』(2004年)や連なる作品となる『AXアックス』(2017年)といった関連作が次々とハリウッド映画化といった流れもできるのかも、本作が作られたキッカケとなったのは、2010年に発表された原作のミステリー小説『マリアビートル』をイギリス、ロンドンの出版社ハーヴィル・セッカーにより英語翻訳版の作品を海外で発刊したこと、ハリウッドでの映像化は初めて、原作の伊坂幸太郎ワールドをハリウッド流にアレンジした傑作映画‼︎、二人の顔立ちが似ているのは、デヴィッドがブラッドのアクション・シーンの影武者だったから、デヴィッドは、キアヌ・リーブス主演で大ヒットしたノン・ストップ・ガンアクション『ジョン・ウイック』(2014年)で初メガホンをとったが、監督としてのクレジットは、スタント仲間のチャド・スタエルスキに譲り、共同監督ではあるが、クレジット非表記、監督のデヴィッド・リーチは、元ベテラン・スタントマンで長年に渡るブラッドのスタントダブル担当だった、監督デヴィッド・リーチとブラッド・ピットは、歴戦の盟友だった‼︎、ブラッド・ピット主演!弾丸列車に乗り込んだ世界一運の悪い殺し屋V.S.殺し屋軍団‼︎ それぞれの思惑が絡む120分間の超絶デスマッチの行方は?、途中下車不可!ツイてない殺し屋がハマった弾丸列車での死闘、ブラッド・ピット、サンドラ・ブロック、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ザジー・ビーツ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マイケル・シャノン、真田 広之、バッド・バニー、アンドリュー・コージ 、デヴィッド・リーチ、ブレット・トレイン、Bullet Train、

途中下車不可!ツイてない殺し屋がハマった弾丸列車での死闘『ブレット・...

才人セリーヌ・シアマは、脚本・監督以外にも衣装を担当、森の中の実母の家で他界した祖母の家の片付けをしている家族と少女ネリー、森の中で出会った少女マリオンとの交流を経て、ネリーが感じ取っていったこととは・・・?、童話の世界のような少女のファンタジー、ジョセフィン・サンツ、ガブリエル・サンツ、ニナ・ミュリス、ステファン・ヴァルペン、マルゴ・アバスカル、フローレス・カルド、セリーヌ・シアマ、フランス、プチ・ママン、Petite maman、

童話の世界のような少女のファンタジー『プチ・ママン』