• トム・ハンクス
ユートピアの町、ヴィクトリー、ヴィクトリー・プロジェクト、女優であり、監督業にも進境著しいオリヴィア・ワイルドの最新作は、グラマラスな1950年代アメリカの桃源郷のようなデザートの町を舞台に密かに行われている極秘実験の恐るべき謎を主演に『ミッドサマー』の絶叫女優フローレンス・ピューを得て描くスタイリッシュな意欲作!、そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー、フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ、オリヴィア・ワイルド、クリス・パイン、ジェンマ・チャン、キキ・レイン、ニック・クロール、オリヴィア・ワイルド、Don't Worry Darling、ドント・ウォーリー・ダーリン、

そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー『ドント・ウォーリー・...

、モンローに成りきるためにアナが苦労した役作り、ネットフリックス史上初めてのNC-17(18歳未満鑑賞禁止)指定の映画、ジョイス・キャロル・オーツのフィクションを織り交ぜ、書き上げた「ブロンド -マリリン・モンローの生涯」を元にハリウッドの伝説的な歌姫であり、謎の死を遂げたブロンドの女優マリリン・モンロー(アナ・デ・アルマス)の生涯を大胆な視点で描いた虚実ないまぜのフィクション・ドラマ。、アナ・デ・アルマスがモンローを大胆に演じきる!今もミステリアスなマリリン・モンローの人生を虚実ないまぜの大胆な視点で描いたネットフリックス・オリジナル映画、ハリウッドの伝説的な存在マリリン・モンローの真実の姿を追う!、Netflix、ブロンド、アンドリュー・ドミニク、アナ・デ・アルマス、リリー・フィッシャー、ボビー・カナヴェイル、エイドリアン・ブロディ、ジュリアンヌ・ニコルソン、エヴァン・ウィリアムズ、ゼイヴィア・サミュエル、タイ・ルニャン、マイケル・ドレイヤー、サラ・パクストン、ライアン・ヴィンセント、

ハリウッドの伝説的な存在マリリン・モンローの真実の姿を追う!『ブロンド』

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、UNIMED(地中海大学学生連盟)賞、22分間短くしたショートバージョンのリリースを発表、20年ぶりに故郷メキシコでのオールロケ作品となった、歴代の有名監督が作ってきたような監督自身を投影させた映画についての内省的な物語、ハリウッドで成功を収めてきたメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト監督が溢れかえる映画愛を披露する幻視的なメキシカン映像作家クロニクル、イニャリト監督 の映画愛が溢れ出す、Netflix、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、Bardo、バルド、偽りの記録と一握りの真実、

イニャリトゥ監督 の映画愛が溢れ出す『バルド、偽りの記録と一握りの真実』