• ニコラス・ケイジ
もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タランティーノ 映画に愛された男』、以前からクエンティン・タランティーノは「長編映画を10本撮ったら引退する」と公言していた。 引退時期を見極めないで撮り続けると先輩監督たちのように結局、駄作を残すことになり、それは避けたいと考えているようだ。 ありとあらゆる映画を観尽くしたタランティーノならではの引き際を綺麗にしておきたいという強い信念である。 本作は、監督9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)の公開直後に劇場公開された。 過去8本作られた作品の知られざる秘話を各作品を彩ってきた俳優陣が赤裸々に語るユニークなタランティーノの映画殺法の証言ドキュメンタリーとなっている。 10作目と目される映画が華やかだった頃の名評論家を描く『映画評論家/The Movie Critic(原題)』の製作準備段階とされているが、 『ワンス・アポン〜』でレオナルド・ディ・カプリオが扮したリック・ダルトン演じるガンマン、ジェイク・カーヒルが活躍する映画内の架空の西部劇『バウンティ・ロウ』のTVドラマ・シリーズ化が進行中であり、また実は、あの『キル・ビル Vol.3』製作の噂も! 主人公をユマ・サーマンが演じたブライドから別のキャラクターに変えて描く続編の企画話も立ち消えではない。 『キル・ビル』の役者陣が自然に老いるの待っているというまことしやかな話まであるのだ。 引退なんて、まるで嘘のようなQTユニバースの今後の拡張にも注目したい。、本作では、タランティーノ本人へのインタビューは行われなかった、21 Years: Quentin Tarantino、タラ・ウッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、スティーヴ・ブシェミ、ダイアン・クルーガー、ルーシー・リュー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ブルース・ダーン、ロバート・フォスター、

もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タラ...

リアルなエコ・デザスター・ムービー『エンド・ウィー・スタート・フロム』、大規模な気候変動によって起きた大洪水に沈むロンドンから安住の地を求め、死に物狂いで逃れる母(ジョディ・カマー)と赤ん坊。 トラブル続きで落ち着くあてのない旅路の果てに安住の地はあるのか・・・?、撮影中、ストーカー被害に悩まされたジョディ・カマー、The End We Start From、ベネディクト・カンバーバッチのプロダクション・カンパニー、サニーマーチがまだ発刊前だったミーガン・ハンターの小説「The End We Start From」の映画化権を獲得、ジョディ・カマー、ベネディクト・カンバーバッチ、マーク・ストロング、キャサリン・ウォーターストン、ラマニケ・アルワリア、ジョエル・フライ、アレクサンドリア・ライリー、ジーナ・マッキー、ニーナ・ソサーニャ、マヘリア・ベロ

リアルなエコ・デザスター・ムービー『エンド・ウィー・スタート・フロム』

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『鳥たちへの説教』、『死ぬ間際』(2020年)で東京フィルメックス最優秀作品賞、『クレーン・ランタン』(2021年)で東京国際映画祭芸術貢献賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督最新作。 アゼルバイジャンの森を舞台に戦争がもたらす悲劇と、人間の愚かな行いとは無縁であるかのような自然の美しさが驚異的な映像美と詩で多次元的に描かれる。、「説教」3部作のうちの1本として作られた映画、魚への説教/Sermon to the Fish、ロカルノ国際映画祭・緑の豹賞(スペシャル・メンション受賞)、第36回東京国際映画祭:コンぺティション部門正式出品作、鳥たちへの説教、Sermon to the Birds、アゼルバイジャン、ヒラル・バイダロフ、オルカン・イスカンダルリ、ラナ・アスガロワ、 フセイン・ナシロフ、2023 Ucqar Film 、

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『...

デューン 砂の惑星 PART2、Dune: Part Two、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、デイヴ・バウティスタ、クリストファー・ウォーケン、レア・セドゥ、ステラン・スカルスガルド、シャーロット・ランプリング、スハイラ・ヤコブ、アニャ・テイラー=ジョイ、ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』、フランク・ハーバートによる全6巻からなるSF小説の金字塔をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が完全映像化した第2弾! パート1の興行的な大成功から直ぐにパート2製作に入り、第1部で世界観の下地が完全に作り上げられたおかげで本作で縦横無尽に登場人物たちが駆け巡り、後半ではケレン味たっぷりの壮大な戦闘シーンが用意されている。 本作シリーズの快調な成功を受け『デューン』は、3作目『デューン 砂の惑星 PART3 メサイヤ(救世主)』(仮題)で幕を閉じるが、TVシリーズで前日譚にあたるプリクエル『デューン プロフェシー(啓示)』(仮題)もスタートし、この物語が形作られていった謎が紐解かれてゆく。 フランクの息子ブライアン・ハーバートとケヴィン・J・アンダースン共著による続編も 数多く出版されている『デューン 砂の惑星』ユニバースは拡張し続けていきそうな予感がある。、オースティン・バトラーが見事に演じた冷酷非道なサイコパス、フェイド・ラウサ、『デューン』ユニバースの可能性、SF映画

ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』

卓越したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』、若くしてトップスターとなった絶頂期に突然、パーキンソン病を発病し、以来、32年もの間、病魔と闘い続けているマイケル・J・フォックス。 マイケルが執筆した4冊の本以外では、ほとんど語られることのなかった彼の苦難の道筋を地球温暖化の危機を訴えたドキュメンタリー『不都合な真実』(2006年)の監督デイビス・グッゲンハイムが描き出す。 マイケルを世界的な人気者にしたSFタイム・トラベル映画の傑作シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等、過去の出演作をリズム感のある編集テクを駆使しながら、真摯にそして、時に笑いを誘いながら病魔がもたらした卓越したその人生観を語り尽くす。、マイケル・J・フォックスを紐解く4冊の本、ラッキーマン、いつも上を向いて、マイケル・J・フォックスの贈る言葉――未来へ踏みだす君に、伝えたいこと、A FUNNY THING HAPPENED ON THE WAY TO THE FUTURE、No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality、ロバート・ゼメキス、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭:ホープ賞・デイビス・グッゲンハイム、マイケル・J・フォックス、トレイシー・ポラン、アンドリュー・バーバー、デイヴィッド・ダイヤモンド、サム・フォックス、ハンナ・ゴールウェイ、ダニー・イリザリー、アリソン・クラウゼ、シボーン・マーフィー、ブラッドレイ・ピーターズ 、Apple TV+、

達観したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』