• ハビエル・バルデム
謎めいた主宰が運営する芸術研究所で料理と栄養をテーマにしたあらゆる食べ物を溶解させた時に起こる食欲を無くすような気持ちの悪い音から”ソニック・ケイタリング” と呼ばれるシュールな実験パフォーマンスを行うグループがいた、怪奇な映像作家ピーター・ストリックランドの最新作は、映画で誰もこんなことは考えなかった⁉︎ 食物と人間の栄養、健康状態の関連性をコミカルにアート・テイストの中にホラー風味をたっぷり塗り込んで、挙句の果ては人間関係の崩壊を描くエグい怪作!、実験精神旺盛なシュールなブラック・コメディ、第72回ベルリン国際映画祭:エンカウンター部門正式出品作、エイサ・バターフィールド、グェンドリン・クリスティー、アリアン・ラベド、ファトマ・モハメッド、マキス・パパディミトリウ、リチャード・ブレマー、レオ・ビル、ピーター・ストリックランド、フラックス・グルメ、Flux Gourmet

実験精神旺盛でシュールなブラック・コメディ『フラックス・グルメ』

本当になりたい自分とは?コロンバスのサイケデリックなアンダーグラウンド・ミュージック・シーンを舞台に一人の女性が自らのアイデンティティを表現しようと創造という底なしの沼にハマってもがいてゆく姿を描く、音楽版自分探し地獄篇サイコ・スリラー、シルヴィ・ミックス、ボビー・キトゥン、アジョリー・ベイカー、ポーザー、Poser、ノア・ディクソン、オリ・セゲフ

音楽版自分探し地獄篇サイコ・スリラー『ポーザー』

本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『ター/Tár(原題)』

バイオテクノロジーを使った最先端技術で地球を支配する者が暮らす居住地"城塞"以外は生態系が完全に崩壊した人が住める場所ではなくなった地球。 サバイバル・スキルに長けた13歳の少女、ヴェスパー(ラフィエラ・チャップマン)は、この奇妙で危険に満ちた惑星で病気で苦しむ父ダリウス(リチャード・ブレイク)と共に日々、生き抜いている。 、ハイエンドのバイオテクノロジーを駆使し完全に環境が崩壊した地球、危険に満ちた奇妙な惑星では一部の者が支配し、地上に取り残された人間は決死のサバイバル生活を余儀なくされていた。バイオテクノロジーで荒廃した世界とその世界観の構築に独自の映像センスが感じられるニュージャンルSF、バイオテクノロジーSFファンタジー、ラフィエラ・チャップマン、エディ・マーサン、ロージー・マキュアン、リチャード・ブレイク、エドモンド・デーン、クリスティーナ・ブオジーテ、ブルーノ・サンペル、ヴェスパー、Vesper、

バイオテクノロジーSFファンタジー『ヴェスパー』

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...