• フランク・グリロ
卓越したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』、若くしてトップスターとなった絶頂期に突然、パーキンソン病を発病し、以来、32年もの間、病魔と闘い続けているマイケル・J・フォックス。 マイケルが執筆した4冊の本以外では、ほとんど語られることのなかった彼の苦難の道筋を地球温暖化の危機を訴えたドキュメンタリー『不都合な真実』(2006年)の監督デイビス・グッゲンハイムが描き出す。 マイケルを世界的な人気者にしたSFタイム・トラベル映画の傑作シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等、過去の出演作をリズム感のある編集テクを駆使しながら、真摯にそして、時に笑いを誘いながら病魔がもたらした卓越したその人生観を語り尽くす。、マイケル・J・フォックスを紐解く4冊の本、ラッキーマン、いつも上を向いて、マイケル・J・フォックスの贈る言葉――未来へ踏みだす君に、伝えたいこと、A FUNNY THING HAPPENED ON THE WAY TO THE FUTURE、No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality、ロバート・ゼメキス、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭:ホープ賞・デイビス・グッゲンハイム、マイケル・J・フォックス、トレイシー・ポラン、アンドリュー・バーバー、デイヴィッド・ダイヤモンド、サム・フォックス、ハンナ・ゴールウェイ、ダニー・イリザリー、アリソン・クラウゼ、シボーン・マーフィー、ブラッドレイ・ピーターズ 、Apple TV+、

達観したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』

人類 v.s. A.I. 最後に生き残るのはどっちだ?『ザ・クリエイター/創造者』、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)で、スピンオフにも関わらず"SW史上最高の物語"と絶賛され、その名を轟かせた監督ギャレス・エドワーズ。 ギャレス書き下ろしの完全オリジナルの最新SF映画は、人間とA.I.との絶滅を賭けた壮絶な闘いを描いた叙事詩を内外から演技派俳優を集め完成させた。 荒唐無稽なSF映画ながら、深い人間味とインテリジェンスすら感じさせる意欲作。、他のハリウッド監督にはない様々な熱意を感じさせる型破りなギャレス・エドワーズが描いたSF世界、レバノン、ベイルート港爆発事故の映像、ソニーのFX3、検証映像、ザ・クリエイター/創造者、The Creator、ギャレス・エドワーズ、ジョン・デヴィッド・ワシントン、マドリン・ユナ・ヴォイルズ、ジェンマ・チャン、アリソン・ジャネイ、渡辺謙、スタージル・シンプソン、アマール・チャーダ・パテル、マーク・メンチャカ、ロビー・タン、ラルフ・アイネソン、マイケル・エスパー、ヴェロニカ・ゴー、イアン・ヴァーダン、ダニエル・レイ・ロドリゲス、

人類 v.s. A.I. 最後に生き残るのはどっちだ?『ザ・クリエイター/創造者』

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

デヴィッド・フィンチャーによるノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『ザ・キラー』、フランスの傑作グラフィック・ノベル「The Killer」をこだわりの映画監督デヴィッド・フィンチャーがその世界観を完膚なきまでに完全映像化! 他に代わりがいないとされる程の腕前の殺し屋ながら致命的なミスにより精神的にも窮地に立たされた殺し屋を2019年の俳優生活休止からの復帰主演作となったマイケル・ファスベンダーが冷酷に演じる。 目が覚めるほどに冷静で鮮やかな落とし前の付け方の数々、これぞアクション・ノワール映画の真骨頂。、原作はニューヨークタイムズ紙で"この10年間のベスト・グラフィック・ノベルの一冊"と言われた傑作、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、エリック・メッサーシュミット、アクション・ノワール、ネットフリックス、ザ・キラー、The Killer、デヴィッド・フィンチャー、マイケル・ファスベンダー、モニーク・ガンダートン、ティルダ・スウィントン、ケリー・オマリー、アーリス・ハワード、チャールズ・パーネル、エミリアーノ・ペルニア、ソフィー・シャーロット、サラ・ベイカー、Netflix 、

デヴィッド・フィンチャー最新作!ノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『...

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』、粛清の包囲網から奇跡的に生還した殺し屋ジョン・ウィック。 ジョンは裏組織ハイ・テーブルへの報復を企てるが、新たに組織を牛耳ろうとする冷酷なグラモン侯爵の登場で潮目が再び変わる。 再び追われる身となるジョンが真の自由を得るためには、古式銃による一対一の決闘しかない。 相手は、強敵グラモン侯爵。 だが、ジョンの首に再び天文学的数字の賞金がかけられ、殺し屋が総動員して襲ってくるのだった・・・。、監督チャド・スタエルスキは、かなりのシネフィルである、不死身のジョン・ウィックであるためのキアヌの心意気とリアリティ、John Wick: Chapter 4、チャド・スタエルスキ、キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、ビル・スカルスガルド、ドニー・イェン、真田 広之、スコット・アドキンス、ランス・レディック、イアン・マクシェーン、リナ・サワヤマ、クランシー・ブラウン、ジョルジュ・ジョルジョー、マルコ・サロール、シャミール・アンダーソン、ジャン=ピエール・ジュネの映画『アメリ』、『アラビアのロレンス』、ポルト・デ・リラ駅、

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』