• フランス映画
アンセル・エルゴート、マイルズ・テラー、アーロン・テイラー=ジョンソン、ハリー・スタイルズ、錚々たるメンツがエルヴィス役のオーディションを受けていた!、アメリカン・ドリームの象徴とも言えるスーパースター、エルヴィス・プレスリーのリアルな実像をバズ・ラーマン監督が鮮やかな映像とスピーディな映像美で描く!、キング・オブ・ロックの偽らざる真実、オースティン・バトラー、トム・ハンクス、オリヴィア・デヨング、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ルーク・ブレイシー、デビッド・ウェナム、リチャード・ロクスバーグ、コディ・スミット=マクフィー、ケルヴィン・ハリソン・Jr 、バズ・ラーマン、エルヴィス、Elvis、エルヴィス・プレスリー、

キング・オブ・ロックの偽らざる真実『エルヴィス』

謎めいた主宰が運営する芸術研究所で料理と栄養をテーマにしたあらゆる食べ物を溶解させた時に起こる食欲を無くすような気持ちの悪い音から”ソニック・ケイタリング” と呼ばれるシュールな実験パフォーマンスを行うグループがいた、怪奇な映像作家ピーター・ストリックランドの最新作は、映画で誰もこんなことは考えなかった⁉︎ 食物と人間の栄養、健康状態の関連性をコミカルにアート・テイストの中にホラー風味をたっぷり塗り込んで、挙句の果ては人間関係の崩壊を描くエグい怪作!、実験精神旺盛なシュールなブラック・コメディ、第72回ベルリン国際映画祭:エンカウンター部門正式出品作、エイサ・バターフィールド、グェンドリン・クリスティー、アリアン・ラベド、ファトマ・モハメッド、マキス・パパディミトリウ、リチャード・ブレマー、レオ・ビル、ピーター・ストリックランド、フラックス・グルメ、Flux Gourmet

実験精神旺盛でシュールなブラック・コメディ『フラックス・グルメ』

チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

良識と民主主義、そして平和共存を求めた人、エクトル・アバド・ゴメス 本作の原作は、エクトル・アバド・ゴメス博士を父に持つエクトル・アバド・ファシオリンセが父、ゴメス博士の波乱万丈の生涯を息子の視点から綴った回想録で世界的ベストセラー小説となった「父の思い出/El olvido que seremos(原題)」 、1970年代、麻薬カルテルが台頭するコロンビアの「メデジン」、 自由を声高に謳う、医師である父の波乱の人生をその息子が見つめ続けた感動の物語、真の自由を求め続けた父の波乱の生涯、ハビエル・カマラ、ニコラス・レイズ・カノ、フアン・パブロ・ウレゴ、パトリシア・タマヨ、マリア・テレサ・バレート、ラウラ・ロンド―ニョ、エリザベス・ミノッタ、カミ・セア、ルシアナ・エチェベリ、カミラ・サラテ、ウィット・スティルマ、フェルナンド・トルエバ、Memories of My Father、あなたと過ごした日に、

真の自由を求め続けた父の波乱の生涯『あなたと過ごした日に』

カイト・サーフィン、ウォータースポーツのプロ選手、ブダペスト、見知らぬ土地に引っ越してきた女性の身に降りかかる謎の隣人による覗きとストーキングから始まる恐怖をホラータッチで描いてゆくスリラー。、姿なきストーカーの恐怖‼︎、マイカ・モンロー、カール・グルスマン、バーン・ゴーマン、クロエ・オクノ、ウォッチャー、Watcher、

姿なきストーカーの恐怖‼︎『ウォッチャー』