• フリー
良識と民主主義、そして平和共存を求めた人、エクトル・アバド・ゴメス 本作の原作は、エクトル・アバド・ゴメス博士を父に持つエクトル・アバド・ファシオリンセが父、ゴメス博士の波乱万丈の生涯を息子の視点から綴った回想録で世界的ベストセラー小説となった「父の思い出/El olvido que seremos(原題)」 、1970年代、麻薬カルテルが台頭するコロンビアの「メデジン」、 自由を声高に謳う、医師である父の波乱の人生をその息子が見つめ続けた感動の物語、真の自由を求め続けた父の波乱の生涯、ハビエル・カマラ、ニコラス・レイズ・カノ、フアン・パブロ・ウレゴ、パトリシア・タマヨ、マリア・テレサ・バレート、ラウラ・ロンド―ニョ、エリザベス・ミノッタ、カミ・セア、ルシアナ・エチェベリ、カミラ・サラテ、ウィット・スティルマ、フェルナンド・トルエバ、Memories of My Father、あなたと過ごした日に、

真の自由を求め続けた父の波乱の生涯『あなたと過ごした日に』

一度見たら、忘れられないグラバーの奇怪なマスクは数タイプあり、『ゾンビ』の生みの親ジョージ・A・ロメオを支えた特殊メイク・アーティスト、『13日の金曜日』などを手がけてきたトム・サヴィーニによるマスター・ピースともいえるもの。、トム・サヴィーニによるグラバーの奇怪なマスク・デザイン、原作は、スティーブン・キングを父に持つジョー・ヒルの短編小説 、スコット・デリクソン監督は『ドクター・ストレンジ/マルチ・バース・オブ・マッドネス』を降板して、その反動でブラムハウスと手を組み本作を監督してシュールで奇怪な傑作ホラーを作り上げ、死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、ジェレミー・デイビス、ジェームズ・ランソン、バンクス・レペッタ、スコット・デリクソン、ブラックフォン、The Black Phone、

死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー『ブラックフォン』

才人セリーヌ・シアマは、脚本・監督以外にも衣装を担当、森の中の実母の家で他界した祖母の家の片付けをしている家族と少女ネリー、森の中で出会った少女マリオンとの交流を経て、ネリーが感じ取っていったこととは・・・?、童話の世界のような少女のファンタジー、ジョセフィン・サンツ、ガブリエル・サンツ、ニナ・ミュリス、ステファン・ヴァルペン、マルゴ・アバスカル、フローレス・カルド、セリーヌ・シアマ、フランス、プチ・ママン、Petite maman、

童話の世界のような少女のファンタジー『プチ・ママン』

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』