• ブラッドリー・クーパー
船内で唯一、釣りをして食料になる魚を釣り上げられるのは、掃除係だけだったために人々のパワーバランスやヒエラルキーの逆転が起こる、2017年に『ザ・スクエア 思いやりの聖域』でカンヌ映画祭のコンペ部門の最高賞であるパルム・ドールを受賞し、次に監督した本作で2度連続してパルム・ドールに輝き、史上3人目の監督となったスウェーデンのリューベン・オストルンド監督、富裕層をこき下ろすブラック・ユーモアな風刺映画、2作連続のパルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・パルム・ドール、ハリス・ディキンソン、ウディ・ハレルソン、ズラッコ・ブリッチ、チャールビ・ディーン・クリーク、ハンナ・オルデンブリ、キャロライナ・ジニング、リンダ・アンボーグ、オリバー・フォード・デイヴィーズ、ドリー・デ・レオン、ヴィッキ・ベルリン、イーリス・ベルベン、ビータ・ボリーリャス、サニーイー・メルズ、カミラ・レックバリ、リューベン・オストルンド、スウェーデン、Triangle of Sadness、トライアングル・オブ・サッドネス、

2作連続パルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画『トライア...

ペドロ・アルモドヴァル監督作『パラレル・マザーズ』、ヴェニス映画祭では、別の作品でペネロペ・クルスは主演女優賞を受賞!、ペネロペ・クルスが人気映画監督に扮し、アントニオ・バンデラスがハリウッド・スターに扮して映画作りの舞台裏をウィットたっぷりに描く。そもそも映画は何のために作られるのか?映画作りをとことん風刺したブラックコメディ、映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画、ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス、ホセ・ルイス・ゴメス、マノロ・ソロ、イレーネ・エスコラール、マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット、Official Competition、オフィシャル・コンペティション、

映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画『オフィシャル・コンペティ...

2億ドルという記録的な巨費、ネットフリックス史上最高額の制作費!、DCコミックスやマーベルからのオファーを全て蹴ってきたライアン・ゴズリング主演で初めての複数のフランチャイズ映画製作の契約締結、エヴァンスはルッソ兄弟映画初の悪役、人気作家マーク・グリーニー原作、紆余曲折あった映画化企画、身を隠すことが巧みなことから、通称グレイマン (目立たない男)と呼ばれる凄腕のCIA特殊工作員、ライアン・ゴズリング演じる通称グレイマン と呼ばれる凄腕CIAエージェントを暗殺者集団が次々と襲いかかる熾烈なサバイバル・スパイ・アクション・スリラー、Netflix史上最高!2億ドル の巨費を投じたメガ・アクション・スリラー、ライアン・ゴズリング、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、レジ=ジーン・ペイジ、ビリー・ボブ・ソーントン、ジェシカ・ヘンウィック、アルフレ・ウッダード、ダヌーシュ、ジュリア・バターズ、スコット・ヘイズ、ルッソ兄弟、アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ、グレイマン、The Gray Man、

Netflix史上最高!2億ドル の巨費を投じたメガ・アクション・スリラー『グ...

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...