• ブラッドリー・クーパー
ポストアポカリプス系サバイバルSFホラー、アーケディアン、Arcadian、ニコラス・ケイジ主演最新作は、現代文明が滅びた後、生き残った人間と夜ごと襲ってくる得体の知れない"何か"との死闘を描いたSFホラー。 監督は、ニコラス・ケイジ主演で汚職警官を描いたクライム・サスペンス『ダーティー・コップ』(2016年)で兄弟監督としてデビューし、本作で再びニコラス・ケイジと組んだ新鋭ベンジャミン・ブリューワー。、ニコラス・ケイジというつかみどころのない名優、マイケル・ニーロン、ベンジャミン・ブリューワー、ニコラス・ケイジ、ジェイデン・マーテル、マックスウェル・ジェンキンス、セイディー・ソーヴラル

ポストアポカリプス系サバイバルSFホラー『アーケディアン/Arcadian』

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次世代スポ根ストーリー『グランツーリスモ』、シリーズ累計9,000万本以上を売り上げたソニーが生んだドライビング・シミュレーター・ゲームの頂点であり、「オリンピック eスポーツシリーズ」や「国民体育大会・文化プログラム」eスポーツ大会の競技種目にも選ばれている「グランツーリスモ」 本作はティーンの頃からこのレーシング・シミュレーション・ゲーム・シリーズのトップ・プレイヤーであり、後にプロのレーシング・ドライバーに転身したヤン・マーデンボローの実体験を元にしている。、本作ではヤン・マーデンボロー自らハンドルを握って、スタント・ダブル・ドライバーとなった!、ドライバー発掘・育成プログラム「GTアカデミー」とは?、Gran Turismo、ニール・ブロムカンプ、アーチー・マデクウィ、デヴィッド・ハーバー、オーランド・ブルーム、トーマス・クレッチマン、ジャイモン・フンスー、平 岳大、ダレン・バーネット、ジェリ・ハリウェル、ジョシャ・ストラドフスキー、ダニエル・プイグ、メイヴ・クルティエ・リリー、ペペ・バロッソ、ニール・マクシャ、ニクヒル・パーマー、アキー・コタベ、上田貞夫、ワイ・ウォン、ジェイミー・ケナ

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次...

バイクに跨った狂気のアーバン・ロデオ『Rodeo ロデオ』、バイクを偏愛するアウトロー、ジュリアが男ばかりの反社会的なバイカーの組織「クロスビトゥーム」に仲間入りしたことから巻き起こる波乱。 監督はジェンダー・ニュートラルの時代に現れた既存のフランス映画界の常識を一掃した感のある新時代を代表するローラ・キヴォロン。 インスタグラムから見出されたインフルエンシャルなアウトロー・ライダーだが、演技未経験のジェリー・ルドリューの何をやらかすか分からない暴発性の疾走感ある破壊の天使っぷりに圧倒される。、ほぼ素人だけで構成された役者陣によるドキュメンタリー・チックな作風、、第75回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・Jury Coup de Coeur(一目ぼれ賞)受賞・ローラ・キヴォロン、Rodeo ロデオ、ローラ・キヴォロン、ジェリー・ルドリュー、ヤニス・ラフキ、アントニア・ブレジ、コーディ・シュローダー、ルイ・ソットン、ジュニア・コレイア、アハメッド・ハムディ、ダブ・ンサマン、ムスタフ・ディアンカ、モハメド・ベッタアール、クリス・マコディ、ジャンニ・カイラ、クエンティン・アリジ、ブリジ・ストラエイリ、セバスティアン・シュローダー 、

バイクに跨った狂気のアーバン・ロデオ『Rodeo ロデオ』

聖なる呼び声に導かれる青年の孤独で静謐なバイク旅『黄色い繭の殻の中』、カンヌ映画祭・監督週間でベトナム人監督としてトラン・アン・ユン以来、実に30年ぶりに新人監督賞を受賞した新鋭ファム・ティエン・アンの長編作品。 コンペテション部門で上映された東京フィルメックスでは、大賞に当たる最優秀作品賞を受賞。 その特徴は様々な世界の名匠の作風を想起させる美しい長回し撮影。 青年の彷徨い続ける魂を乗せた長閑なバイク旅は美しい風景と花鳥風月になぞられ、過去と現在が入れ替わりながら混沌を極めてゆく。 ファム監督は誰もが心の底に持つ"聖なる呼び声"により導かれる青年を通し、観客それぞれがその答えを出して欲しいと訴えかける。、旅の途中で出会う様々な生き物たちに込められた想い、内なる声に従って長閑なベトナムの田舎を彷徨ったある孤独な青年のバイク旅、いくつかある生き物が現れるシーンの中でも特に義理姉の葬儀のシーンに現れる蝶や蚕が成虫となり羽ばたいている様など特別な意味を込めています。今後も機会があれば、生き物がスクリーンに登場する演出をしていきたいと思います。、30年前に『青いパパイヤの香り』で鮮烈にデビューし、カンヌ国際映画祭の新人監督の登竜門である監督週間にて新人監督賞に値するゴールデン・カメラ賞を受賞し、その後、世界的な映画監督へと成長したトラン・アン・ユンに次ぐベトナム人監督、第76回カンヌ国際映画祭:監督週間正式出品作・カメラ・ドール受賞、2023年東京フィルメックス:コンペティション部門正式上映作品・最優秀作品賞、Inside the Yellow Cocoon Shell、ファム・ティエン・アン、レ・フォン・ヴー、グエン・ティ・トルック・クイン、グエン・ティン、ヴー・ヌク・マン、

聖なる呼び声に導かれる青年の孤独で静謐なバイク旅『黄色い繭の殻の中』

現代アートに情熱を注ぎたくても集中できない女性のユーモラスな日々『ショーイング・アップ』、アメリカン・インディーズ・シネマ・シーンの象徴的存在である映像作家、ケリー・ライカートによる最新作は、実在のカナダの現代アーティスト、エミリー・カーをモデルにした物語。 ミシェル・ウィリアムズが演じる現代アーティスト、リジーはもっと作家活動に時間を割きたいが日々のたわいも無い出来事で流されてしまっていた。 そんな彼女の生活を通して、アート、仕事、家族の問題、そして友情を心温まるタッチで描いた好編。、アート・アドミニストレーター、オレゴン・カレッジ・オブ・アート・アンド・クラフト、役柄のために実際に彫刻を学んだミシェル・ウィリアムズ、シンシア・ラーティ、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、Showing Up、ショーイング・アップ、ケリー・ライカート、ミシェル・ウィリアムズ、ホン・チャウ、ジャド・ハーシュ、アマンダ・プラマー、ジョン・マガロ、アンドレ・3000、テオ・タプリッツ、ローレン・ラキス、サム・カマーマン、テッド・ルーニー、ユードーラ・ピーターソン、マリアン・プランケット、ヘザー・ローレス、イザベル・マー、A24、

現代アートに情熱を注ぎたくても集中できない女性のユーモラスな日々『シ...