• ヘイリー・ベネット
フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

サム・ニールは、『ジュラシック・パーク』(1993年)撮影時に74歳であったアッテンボロー氏と同じ歳を迎えての感無量の撮影、俳優リチャード・アッテンボローは惜しまれながら2014年に他界し、その名は、イギリス、ロンドンにあるパインウッド撮影所の新設の撮影スタジオ、アッテンボロー・ステージとなって、未来永劫残る、『ジュラシック・パーク』から29年後にして、終わりを告げる壮大な物語、ロックウッド財団のベンジャミン・ロックウッドの非業の死を遂げた一人娘のDNAから作られたクローン人間のメイジー、ジュラシック・ワールド/炎の王国、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後の地球はまさにジュラシック・ワールドへと激変していた・・・。新たな支配者となるのは、恐竜たちか、それとも・・・、人気シリーズの壮大なる終焉、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、デワンダ・ワイズ、ママドゥ・アティエ、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、B・D・ウォン、オマール・シー 、コリン・トレボロウ、Jurassic World: Dominion、ジュラシック・ワールド 新たなる支配者、

人気シリーズの壮大なる終焉『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』

チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

本作はベルギー産傑作スリラー『ザ・ヒットマン』(2003年)のリメイク、リーアム・ニーソンが次第に自分が標的になってゆく記憶喪失症に悩む凄腕の暗殺者を演じるアクション・スリラー、記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス、リーアム・ニーソン、ガイ・ピアース、モニカ・ベルッチ、ハロルド・トーレス、タジ・アトワル、 レイ・フィアロン、レイ・スティーヴンソン、ステラ・ストッカー、アントニオ・ジャラミロ、メモリー、Memory、マーティン・キャンベル、

記憶障害を抱えたヒットマンのクライム・サスペンス『メモリー』