• ホルト・マッキャラニー
被害者と加害者の家族が対話する時、一体、何が起こったのか? 衝撃作、高校銃乱射事件を起こし、自害した加害者の両親と息子を殺された被害者の両親が閉ざされた密室で対話する。 それぞれの息⼦の成⻑から過ごしてきた⻘春の⽇々、家族との関係、さらには銃乱射事件の現場の状況まで、息子を失った両親たちが対話を通して行き着く先とは?、「Sorry」という台詞が本編中、45回も吐かれる異例の作品、原題の『Mass』には3つの意味が込められている

被害者と加害者の家族が対話する時、一体、何が起こったのか? 衝撃作『対...

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...

CAT、卯年、うさぎ、兎、2023、HAPPY NEW YEAR、ハッピーニューイヤー、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、映画フィルム、RABBIT&CAT、iphone用、android用

2023年 卯年 VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

すべてうまくいきますように、Everything Went Fine、フランソワ・オゾン、ソフィー・マルソー、アンドレ・デュソリエ、シャーロット・ランプリング、ジェラルディーヌ・ペラス、エリック・カラヴァカ、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、すべての人に訪れる死について家族の愛とは何かを問いかける、名匠フランソワ・オゾンが描く誰にでも訪れる死と残された家族との別れ。 もしもそれが安楽死だとしたら?最期の日を決めた父と娘たちの運命は想像を超えた結末へと向かってゆく。 全ての人々へ問いかける涙とユーモアあふれる感動の物語。、オゾンの代表作『スイミング・プール』脚本家エマニュエル・ベルンエイムの自伝的小説の映画化、ソフィー・マルソーが演じる主人公の女性エマニュエル・ベルンエイムは、その名の通り、小説家その人

すべての人に訪れる死について、家族の愛とは何かを問いかける『すべてう...

西部戦線異状なし、All Quiet on the Western Front、エドワード・ベルガー、フェリックス・カマラー、アルブレヒト・シュッフ、ダニエル・ブリュール、アーロン・ヒルマー、モリッツ・クラウス、アドリアン・グリューネヴァルト、エディン・ハサノヴィッチ、ティボールト・ド・モンタランベール、デーヴィト・シュトリーゾフ、アンドレアス・ドゥーラー、セバスティアン・フールク、リュック・ファイト、Netflix、反戦を訴えかける戦争叙事詩の再映画化!、第一次世界大戦、素朴な愛国心から英雄になるために仲間と共に戦地へと赴いた若きドイツ兵士パウル。 だが、壮絶な戦闘に巻き込まれる内に理想を打ち砕かれ、生き残ることに最善を尽くすことになる。 戦争の凄惨さ、理不尽さを描く反戦映画の不朽の名作、3度目の映画化にして、ドイツ発のネットフリックス映画の中で最も高額の製作費となった。、戦争の非人間性と理不尽さを壮大なスケールで描く、撮影場所に選ばれたのは、チェコ、プラハの北にあるサッカーの競技場10個分ほどの泥だらけの荒地で覆われた軍の施設、ドラマチックな戦闘シーンが生み出された塹壕は1キロメートルの長さで横幅が600メートルの広大な土地に作り込んだ、映画化3作目となる『西部戦線異状なし』だが、リメイクではない

反戦を訴えかける戦争叙事詩の再映画化!『西部戦線異状なし』