• ホーム画面
FLEE フリー,フリー、アフガニスタン難民、Flee、ヨナス・ポエール・ラスムセン、ラシード・アイトゥガノフ、リズ・アーメッド、新スタイル・ドキュメンタリー、アフガニスタン難民の男性の過去の告白をアニメーションとアーカイヴ映像をミックスさせるという斬新な手法で描く

人生をアニメで語る新スタイル・ドキュメンタリー『FLEE フリー』

才人セリーヌ・シアマは、脚本・監督以外にも衣装を担当、森の中の実母の家で他界した祖母の家の片付けをしている家族と少女ネリー、森の中で出会った少女マリオンとの交流を経て、ネリーが感じ取っていったこととは・・・?、童話の世界のような少女のファンタジー、ジョセフィン・サンツ、ガブリエル・サンツ、ニナ・ミュリス、ステファン・ヴァルペン、マルゴ・アバスカル、フローレス・カルド、セリーヌ・シアマ、フランス、プチ・ママン、Petite maman、

童話の世界のような少女のファンタジー『プチ・ママン』

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』

一度見たら、忘れられないグラバーの奇怪なマスクは数タイプあり、『ゾンビ』の生みの親ジョージ・A・ロメオを支えた特殊メイク・アーティスト、『13日の金曜日』などを手がけてきたトム・サヴィーニによるマスター・ピースともいえるもの。、トム・サヴィーニによるグラバーの奇怪なマスク・デザイン、原作は、スティーブン・キングを父に持つジョー・ヒルの短編小説 、スコット・デリクソン監督は『ドクター・ストレンジ/マルチ・バース・オブ・マッドネス』を降板して、その反動でブラムハウスと手を組み本作を監督してシュールで奇怪な傑作ホラーを作り上げ、死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、ジェレミー・デイビス、ジェームズ・ランソン、バンクス・レペッタ、スコット・デリクソン、ブラックフォン、The Black Phone、

死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー『ブラックフォン』

サム・ニールは、『ジュラシック・パーク』(1993年)撮影時に74歳であったアッテンボロー氏と同じ歳を迎えての感無量の撮影、俳優リチャード・アッテンボローは惜しまれながら2014年に他界し、その名は、イギリス、ロンドンにあるパインウッド撮影所の新設の撮影スタジオ、アッテンボロー・ステージとなって、未来永劫残る、『ジュラシック・パーク』から29年後にして、終わりを告げる壮大な物語、ロックウッド財団のベンジャミン・ロックウッドの非業の死を遂げた一人娘のDNAから作られたクローン人間のメイジー、ジュラシック・ワールド/炎の王国、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後の地球はまさにジュラシック・ワールドへと激変していた・・・。新たな支配者となるのは、恐竜たちか、それとも・・・、人気シリーズの壮大なる終焉、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、デワンダ・ワイズ、ママドゥ・アティエ、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、B・D・ウォン、オマール・シー 、コリン・トレボロウ、Jurassic World: Dominion、ジュラシック・ワールド 新たなる支配者、

人気シリーズの壮大なる終焉『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』