• ミュージカル
ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次世代スポ根ストーリー『グランツーリスモ』、シリーズ累計9,000万本以上を売り上げたソニーが生んだドライビング・シミュレーター・ゲームの頂点であり、「オリンピック eスポーツシリーズ」や「国民体育大会・文化プログラム」eスポーツ大会の競技種目にも選ばれている「グランツーリスモ」 本作はティーンの頃からこのレーシング・シミュレーション・ゲーム・シリーズのトップ・プレイヤーであり、後にプロのレーシング・ドライバーに転身したヤン・マーデンボローの実体験を元にしている。、本作ではヤン・マーデンボロー自らハンドルを握って、スタント・ダブル・ドライバーとなった!、ドライバー発掘・育成プログラム「GTアカデミー」とは?、Gran Turismo、ニール・ブロムカンプ、アーチー・マデクウィ、デヴィッド・ハーバー、オーランド・ブルーム、トーマス・クレッチマン、ジャイモン・フンスー、平 岳大、ダレン・バーネット、ジェリ・ハリウェル、ジョシャ・ストラドフスキー、ダニエル・プイグ、メイヴ・クルティエ・リリー、ペペ・バロッソ、ニール・マクシャ、ニクヒル・パーマー、アキー・コタベ、上田貞夫、ワイ・ウォン、ジェイミー・ケナ

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次...

ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』

全ては命の恩人のため、地獄の戦場での決死の救出劇!『コヴェナント』、ガイ・リッチー監督✖️ジェイク・ギレンホールによる真に迫る戦場アクション・スリラー タリバン勢力による度重なる自爆テロ、待ち伏せ奇襲攻撃により翻弄された米軍のアフガニスタンでの軍事作戦。 奇襲攻撃に遭い殲滅させられた部隊でたった一人、生き残った曹長のジョンと共に遁走しながら彼の命を救ってくれたのは現地人通訳のアハメッドだった。 無事、祖国アメリカへと帰還したが、アフガンに残され、危険に晒され続けているアハメッドとその家族の安否を気遣うジョン。 彼らの救出のため再び地獄の戦場へと向かう兵士ジョンの勇気ある行動の軌跡を緊迫感溢れた映像で描く感動巨編。、Guy Ritchie's The Covenant、ガイ・リッチー、ジェイク・ギレンホール、ダール・サリム、シーン・サーガル、リース・イエーツ、クリスチャン・オコーラ・ラヴァニーア、ボビー・スコフィールド、エミリー・ビーチャム、ジョニー・リー・ミラー、アレクサンダー・ルドウィグ、レザ・ダイアコ、ジェームズ・ネルソン・ジョイス、ゲイリー・アンソニー・ステネット、アントニー・スター、

全ては命の恩人のため、地獄の戦場での決死の救出劇!『コヴェナント』

悪魔館 死霊のせいなら、有罪。、逆悪魔祓いスリラー、エニシング・フォー・ジャクソン、Anything for Jackson、霊を召喚するオカルトにハマった老夫婦、身の毛もよだつホラー、ジャスティン・G・ディック、シーラ・マッカーシー、ジュリアン・リッチングス、コンスタンテ・マンテロス、ジョシュ・クルッダス、ヤニック・ビッソン

逆悪魔祓いスリラー『悪魔館 死霊のせいなら、有罪。』

猫たらしな男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』、インフルエンサーをしながら俳優業に磨きをかけているネイサン、エンジニアとして生計を立てるジェフ、路上生活者のデイビッド、愛猫に"炎"と名付けた消防士のジョーダン。 猫たちとの生活に幸せを見つけた様々なライフスタイルの男たち。 生活が一変したコロナ禍を愛猫と乗り越えながら、相棒であり、家族でもある猫と人間の愛情物語を切り取った猫好き必見の心温まるドキュメンタリー。、マイ・ホン、ネイサン・ケーン、デビッド・ジョバンニ、ライアン・ロバートソン、猫、ネコ、cat

猫に恋した男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』