• ミラ・ジョボビッチ
LOVE LIFE、フランス、深田晃司、木村 文乃、田口トモロヲ、山崎紘菜、神野三鈴、永山 絢斗、砂田アトム、黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ全文掲載、最新作『LOVE LIFE』が現在公開中の深田晃司監督に海外での受賞歴と作品性から今後、海外での活躍が期待され、映画界のための精力的な活動も評価され、14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞がメキシコを代表する世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ氏と共に授与された、世界のクロサワの名を冠したいわば映画人のための功労と未来への期待を込めた賞、日本芸能従事者協会という団体が「芸能従事者こころの119」というメンタルケア窓口でサイトを開設

14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ...

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』

オールL.A.ロケのロサンゼルスを舞台にしたリアルな犯罪ストーリー、詐欺商法にスリルを覚え始める、ギグ・ワークでしのぐ生活、現代のロサンゼルスを舞台に多重債務に追われる一人の女性が盗難クレジット・カードで購入した商品を転売して荒稼ぎする悪辣な闇ビジネスに手を染め、ダミー・ショッパーとなり、堕ちてゆく人生を描くリアルな犯罪映画、L.A.発!ダミー・ショッパーをモデルにしたクライム・ストーリー、オーブリー・プラザ、テオ・ロッシ、バーナード・バディロ、ジョナサン・アビグドリ、キム・ヤーブロー、ジーナ・ガーション、ジョン・パットン・フォード、Emily the Criminal、エミリー・ザ・クリミナル、

L.A.発!ダミー・ショッパーをモデルにしたクライム・ストーリー『エミリ...

ザ・ビースト、The Beasts、スペイン、フランス、ロドリゴ・ソロゴイェン、ドゥニ・メノーシェ、マリーナ・フォイス、ルイス・サエラ、ディエゴ・アニド、マリー・コロン、山間の閉鎖社会で巻き起こる壮絶な心理スリラー、山間に移住して来たよそ者であるフランス人夫婦に対する村の人々の反発とその顛末をパワフルに描いた人間ドラマ。正義というものを多面的に描き第35回東京国際映画祭で大賞、他2賞に輝いた、第35回東京国際映画祭:東京グランプリ/東京都知事賞・ロドリゴ・ソロゴイェン、最優秀監督賞・ロドリゴ・ソロゴイェン、最優秀男優賞・ドゥニ・メノーシェ

山間の閉鎖社会で巻き起こる壮絶な心理スリラー『ザ・ビースト』