• ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
オールL.A.ロケのロサンゼルスを舞台にしたリアルな犯罪ストーリー、詐欺商法にスリルを覚え始める、ギグ・ワークでしのぐ生活、現代のロサンゼルスを舞台に多重債務に追われる一人の女性が盗難クレジット・カードで購入した商品を転売して荒稼ぎする悪辣な闇ビジネスに手を染め、ダミー・ショッパーとなり、堕ちてゆく人生を描くリアルな犯罪映画、L.A.発!ダミー・ショッパーをモデルにしたクライム・ストーリー、オーブリー・プラザ、テオ・ロッシ、バーナード・バディロ、ジョナサン・アビグドリ、キム・ヤーブロー、ジーナ・ガーション、ジョン・パットン・フォード、Emily the Criminal、エミリー・ザ・クリミナル、

L.A.発!ダミー・ショッパーをモデルにしたクライム・ストーリー『エミリ...

ノーベル文学賞候補として名が挙がる現代アメリカ人をエッジの効いた視点で鮮やかに描く作風でアメリカ文学を代表する小説家の一人、ドン・デリーロが1985年に発表し、彼の名を一気に広めた代表的作品にして、全米図書賞を受賞した名作を基にした映画が本作「ホワイト・ノイズ」である。、日常の中に潜む不条理な死とそこから逃れようと抗う現代人のシュールで滑稽な姿、有毒な化学薬品流出事故、ノーベル文学賞候補として度々、名が挙がる現代アメリカ文学を代表する作家ドン・デリーロによる原作をノア・バームバック監督と主演にアダム・ドライバーを迎え描いた現代アメリカ人の心の闇、全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!、Netflix、アダム・ドライバー、ラフィー・キャシディ、グレタ・ガーウィグ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ジョディ・ターナー=スミス、ドン・チードル、ノア・バームバック、ホワイト・ノイズ、White Noise、

全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!『ホワイト...

ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...

他者には頑なに沈黙を貫き通した場面緘黙(かんもく)症の一卵性双生児の奇妙なライフ・スタイルを描く唯一無二のノンフィクション 衝撃の映画化!、もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー、レティーシャ・ライト、タマラ・ローレンス、ジョディ・メイ、マイケル・スマイリー、ジャック・バンデイラ、トレヴァ・エチエンヌ、トニー・リチャードソン、デクラン・ジョイス、アマーラ・ジェイ・スト・オービン、イーワ・ロダート、アグニェシュカ・スモチンスカ、ポーランド、The Silent Twins、ザ・サイレント・ツインズ、

もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー...

本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『ター/Tár(原題)』