• ユーモラス
家族一人の死か、世界の終わりか? 不条理ホラー『ノック 終末の訪問者』、前作『オールド』(2021年)に続く大ドンデン返しの帝王M・ナイト・シャマラン監督最新作! 突如、謎の訪問者たちに家に押し入られ、愛する家族1人の犠牲か、世界の終焉か?とあまりにも荒唐無稽な非情の選択を迫られる家族の不可解で不条理な運命。、スティーブン・キングも絶賛する小説「終末の訪問者」の映画化、幻想的なホラー、ダーク・ファンタジー・ジャンルの第一人者であるイギリス人小説家ポール・トレンブレイによるベストセラー小説。 トレンブレイの才能を認めるスティーブン・キングもその作品世界を"戦慄すべき挑発である"と絶賛している。、レオナード役を怪演したデイヴ・バウティスタの演技は非常に評価が高い、未来の苦難の予言をもたらすヨハネの黙示録の四騎士、Knock at the Cabin、M・ナイト・シャマラン、デイヴ・バウティスタ、ジョナサン・グロフ、ベン・オルドリッジ、ニキ・アムカ=バード、ルパート・グリント、アビー・クイン、クリステン・キュイ、

家族一人の死か、世界の終わりか? 不条理ホラー『ノック 終末の訪問者』

リアルなエコ・デザスター・ムービー『エンド・ウィー・スタート・フロム』、大規模な気候変動によって起きた大洪水に沈むロンドンから安住の地を求め、死に物狂いで逃れる母(ジョディ・カマー)と赤ん坊。 トラブル続きで落ち着くあてのない旅路の果てに安住の地はあるのか・・・?、撮影中、ストーカー被害に悩まされたジョディ・カマー、The End We Start From、ベネディクト・カンバーバッチのプロダクション・カンパニー、サニーマーチがまだ発刊前だったミーガン・ハンターの小説「The End We Start From」の映画化権を獲得、ジョディ・カマー、ベネディクト・カンバーバッチ、マーク・ストロング、キャサリン・ウォーターストン、ラマニケ・アルワリア、ジョエル・フライ、アレクサンドリア・ライリー、ジーナ・マッキー、ニーナ・ソサーニャ、マヘリア・ベロ

リアルなエコ・デザスター・ムービー『エンド・ウィー・スタート・フロム』

降霊会でふざけるとトンでもない結末が待っているモダン・ホラー『トーク・トゥ・ミー/Talk to Me(原題)』、過激なパロディ動画で人気を呼んだオーストラリアのYouTuber、フィリッポウ兄弟、初めての長編映画監督作は、サンダンス映画祭上映後、A24とユニバーサル映画の間で米配給権利の奪い合いになったほどのホットな話題の恐怖映画。 ミステリアスな剥製の手を使って、若者グループが半ば冗談で始めた降霊会。 ふざけてエスカレートしてゆく内にやがて血も凍るグロテスクな恐怖に襲われるモダン・ホラー。、過激なホラーテイストのコメディー動画で人気を呼ぶフィリッポウ兄弟、ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ、トーク・トゥ・ミー、Talk to Me、ソフィー・ワイルド、ジョー・バード、アレクサンドラ・ジェンセン、オーティス・ダンジ、ミランダ・オットー、マーカス・ジョンソン、アレクサンドリア・シュテッフェンゼン、ゾーイ・テラケス、クリス・アロシオ、アリ・マッカーシー、サニー・ジョンソン、

降霊会でふざけると、とんでもない結末が待っているモダン・ホラー『トー...

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』、粛清の包囲網から奇跡的に生還した殺し屋ジョン・ウィック。 ジョンは裏組織ハイ・テーブルへの報復を企てるが、新たに組織を牛耳ろうとする冷酷なグラモン侯爵の登場で潮目が再び変わる。 再び追われる身となるジョンが真の自由を得るためには、古式銃による一対一の決闘しかない。 相手は、強敵グラモン侯爵。 だが、ジョンの首に再び天文学的数字の賞金がかけられ、殺し屋が総動員して襲ってくるのだった・・・。、監督チャド・スタエルスキは、かなりのシネフィルである、不死身のジョン・ウィックであるためのキアヌの心意気とリアリティ、John Wick: Chapter 4、チャド・スタエルスキ、キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、ビル・スカルスガルド、ドニー・イェン、真田 広之、スコット・アドキンス、ランス・レディック、イアン・マクシェーン、リナ・サワヤマ、クランシー・ブラウン、ジョルジュ・ジョルジョー、マルコ・サロール、シャミール・アンダーソン、ジャン=ピエール・ジュネの映画『アメリ』、『アラビアのロレンス』、ポルト・デ・リラ駅、

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』、14歳の時に運命的に出会い、最愛の妻となったプリシラから見たロックン・ロールのキングであり、アメリカの伝説、エルヴィス・プレスリーの語られざる真の姿をソフィア・コッポラがスリリングに描き出す。、父親の『地獄の黙示録』ほどの悲惨な地獄を見たわけではないが、ソフィアにとって苦労の多かった本作の製作、回想録的な自伝本「私のエルヴィス」が原作となっている。、『エルビス&ミー』(1988年)として、過去にTV映画として製作・放送され、この年の最も視聴率を稼いだ作品として記憶されている。、彼女の夫であるフレンチ・ポップバンド、フェニックスのフロントマン、トーマス・マーズの音楽的才能を借りることになり難を逃れることになる、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(2017年)、『オン・ザ・ロック』(2020年)の劇伴も担当してきたトーマス・マーズとフェニックスにより、コンテンポラリーな楽曲、そして映画が描かれた同時代の音楽をカバーするといった手法で切り抜け、逆に創意工夫に富む着想豊かでいかにもソフィアの作品らしいオリジナル・サウンド・トラックが生まれた。、第80回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品・主演女優賞・ケイリー・スピーニー、プリシラ、Priscilla、ソフィア・コッポラ、ケイリー・スピーニー、ジェイコブ・エロルディ、アリ・コーエン、ダグマーラ・ドミンスク、ティム・ポスト、A24、

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』