• ユーモラス
大胆不敵!強靭なフュリオサの秘密が紐解かれる『マッドマックス フュリオサ』、」『マッドマックス』シリーズ創始者ジョージ・ミラー監督によるり、マッドマックス史上最長の2時間28分の大作となった最新作『マッドマックス フュリオサ』。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)に繋がる前日譚となる本作は、前作でシャーリーズ・セロンが演じたフュリオサ大隊長の怒りの根源となった過去を辿ってゆく。 本作では口数少ない若きフュリオサを現代のファッション・アイコン的演技派スター、アニャ・テイラー=ジョイがインパクトのある目力と危険を顧みず積極的に自らスタント・シーンもこなし、後に大隊長となる人物を形成した過去を大胆に演じきっている。、アニャ・テイラー=ジョイにとってフュリオサの全てが刺激的なエクスペリエンス、マッドマックス フュリオサ 、Furiosa: A Mad Max Saga、ジョージ・ミラー、アニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ヘムズワース、トム・バーク、アリーラ・ブラウン、ラッキー・ヒューム、チャーリー・フレイザー、ジョン・ハワード、ネイサン・ジョーンズ、ジョシュ・ヘルマン、アンガス・サンプソン、エルサ・パタキー

大胆不敵!強靭なフュリオサの秘密が紐解かれる『マッドマックス フュリ...

今秋、渋谷で再開催!トラベリング・ウィズ・ウェス・アンダーソン『ウェス・アンダーソンすぎる風景展 あなたのまわりは旅のヒントにあふれている』、画像投稿のインスタグラムの人気アカウント"Accidentally Wes Anderson"を知っているだろうか? ウェス・アンダーソン映画に出てきそうなパステルカラーのポップで左右対称のシンメな構図と切り取り方で世界中で撮影された風景写真が一堂に介すウェス好きなら知らない者はいない大人気のSNS上のグローバル・コミュニティのことである。 この"偶然にもウェス・アンダーソン風"の写真たちが、大人気を博した韓国の展示に始まり、日本にも『ウェス・アンダーソンすぎる風景展 あなたのまわりは旅のヒントにあふれている』として、天王洲・寺田倉庫G1にて開催された。 会期も残すところあと1週間のタイミングでいかにもウェス・アンダーソン映画を好みそうなファッショニスタな若者で賑わう会場へと足を運んだ。 ウェス映画の世界観をうまく醸成した旅を誘うアミューズメント・パークのようなナイスな展示の数々は、今まであった写真展示の楽しみ方とは違う異次元の楽しみ方を体感できる。『アステロイド・シティ』と連動して、バズりそうな予感の渋谷ヒカリエでの再開催、 同展のルーツとなった人気のインスタグラム・アカウント(AWA)の熱心なフォロワーやウェス・アンダーソンの映画にくびったけのファン以外にもプロアマ問わず、写真を嗜む方々にも強くリコメンしたい。 AWA創設者のコーヴァル夫妻が撮影した作品以外にも夫妻が"冒険者"と呼ぶシェアされた世界中の写真のリアル展示をこれだけの人々が楽しんでいるのは、写真というジャンルの世界ではエポックメイキングな出来事として記憶されることだろう。 展示方法に通常の写真展を超えた工夫がなされており、素晴らしくセンス抜群であり、これからの時代の画像の愛しみ方、楽しみ方のヒントが見え隠れする。 旅心を誘う写真と戯れることができるとっておきの場所は期間限定開催である。時間を作って、是非、足を運ばれることをお勧めする。、旅心を誘う写真と戯れることができるとっておきの場所は期間限定開催である。そして、今秋に渋谷での再開催も決定した! 時間を作って、是非、足を運ばれることをお勧めする。、写真展という姿をしたアミューズメント・パーク

今秋、渋谷で再開催決定!トラベリング・ウィズ・ウェス・アンダーソン『...

2021年の軍事クーデター以降、世界から忘れられた国の人々の魂の叫び『ミャンマー・ダイアリーズ』、2021年、ミャンマーで起きた軍事クーデター以来、軍部の圧政による喘ぐ市民のため、若手作家たちが手を組み、匿名で映画を作り、世界へ現在の情勢を届ける”ミャンマー・フィルム・コレクティブ”。 昨今の香港でも奏功した映画の力によって、世界へしっかりとメッセージを届けるという手法で製作さた。 この命懸けのドキュメンタリー映画は、ベルリン映画祭でもパノラマ部門にて上映され、全部門の出品作品の中の最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した渾身の一本。、市民による抵抗を意味する3本の指、感謝 敬意 追悼、ジェニファー・ローレンス主演の大ヒットSFアクション『ハンガー・ゲーム』(2012年)、

2021年の軍事クーデター以降、世界から忘れられた国の人々の魂の叫び『ミ...

パスト・ライブス/ 再会、運命の赤い糸の行方『パスト・ライブス/Past Lives(原題)』、韓国系カナダ人の劇作家セリーヌ・ソンの鮮烈な長編映画監督デビュー作。 サンダンスでプレミア上映され、ベルリンで批評家たちに大絶賛された今年一番のロマンス映画。 その軽妙なダイアローグのやり取りの中に胸が締め付けられるエモーションがある劇作家ソンの磨き上げられたクラフトワークは世界中の批評家たちを唸らせた。 幼少時の心ときめいた互いの思いは、大切にしたいただの想い出なのだろうか、それとも運命の赤い糸で結ばれた宿命の愛なのか?、批評家筋からの絶大な人気にも関わらず無冠の傑作、サンダンス映画祭・プレミア上映、第73回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作、パスト・ライヴス、Past Lives(原題)、韓国、セリーヌ・ソン、グレタ・リー、ユ・テオ、ジョン・マガロ、ムン・スンア、A24

運命の赤い糸の行方『パスト・ライブス / 再会』

Z世代の新絶叫クイーン・ジェナ・オルテガ、11年ぶりの続編『スクリーム』(2022年)でタラ・カーペンターという名の新キャラとして登場したジェナ・オルテガ。 タラは家のオートロックをかけてもかけてもアンロックしてくる殺人鬼ゴーストフェイスに襲われ恐怖に顔を引きつらせながら九死に一生を得る。 先頃、全米公開されたばかりの続編『スクリーム VI』にもジェナは前作で生き残ったタラとして続投。 「ゴーストフェイスを始末しよ!」と息巻く気の強さを見せる。 Z世代を代表するハリウッド・スターとして、20歳のジェナ・オルテガのキャリアが今、とてつもない光を放って輝き始めている。、スクリーム史上歴代最高興収を叩き出した作品で頭角を表したジェナ、『X エックス』への出演で絶叫クイーンの名が決定的に!、ティム・バートンが惚れ込んだジェナの魅力!、日本での公開が待たれるシリーズ最新作『スクリーム VI』、

Z世代の新絶叫クイーン・ジェナ・オルテガ