• リチャード・アイオアディ
アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『鳥たちへの説教』、『死ぬ間際』(2020年)で東京フィルメックス最優秀作品賞、『クレーン・ランタン』(2021年)で東京国際映画祭芸術貢献賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督最新作。 アゼルバイジャンの森を舞台に戦争がもたらす悲劇と、人間の愚かな行いとは無縁であるかのような自然の美しさが驚異的な映像美と詩で多次元的に描かれる。、「説教」3部作のうちの1本として作られた映画、魚への説教/Sermon to the Fish、ロカルノ国際映画祭・緑の豹賞(スペシャル・メンション受賞)、第36回東京国際映画祭:コンぺティション部門正式出品作、鳥たちへの説教、Sermon to the Birds、アゼルバイジャン、ヒラル・バイダロフ、オルカン・イスカンダルリ、ラナ・アスガロワ、 フセイン・ナシロフ、2023 Ucqar Film 、

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『...

daniels、Daniel Scheinert、Daniel Kwan、2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、ダニエルズって、どんなヤツら?、本年度アカデミー賞10部門11ノミネートされたマルチバースとカンフーがミックスした異端のSFアクション・アドベンチャー映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。 すでに本作で世界各国で391ノミネートと260もの途方もない数の受賞を果たしている近年稀に見る発想の作品内容もさることながら怪作中の怪作と呼べる映画。 ダニエルズ名義の長編映画はまだ2本目でしかない最新作にして、とんでもない作品を生み出したダニエル・シャイナートとダニエル・クワンによる監督ユニット、ダニエルズとは、一体何者?、第95回アカデミー賞10部門11ノミネート、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス、ダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン)、ミシェル・ヨー、ステファニー・スー、ジョナサン・キー、ジェイミー・リー・カーティス、作風も映像哲学も一味違う監督ユニット、ダニエルズ、初期からキレッキレに飛ばしまくったその映像センス、今まで見たことない常識破りのナイキCM、初長編映画はダニエル・ラドクリフがオナラを出す死体役、ダニエル・シャイナート単独監督作は、田舎町を舞台にしたユルユル・ミステリー、未来の映画の楽しみがまたひとつ増えたその類まれな作家性

2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、「ダニエル...

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』、いかに多くのユダヤ人を効率的に殺害するかという仕事に熱心に没頭し人類の歴史上、類をみない大量殺戮工場を指揮した男、ルドルフ・ヘスとその家族の平和で幸福な日々。 天国のような理想の家庭の真横にある地獄の収容所の様子は映像化せず、音だけでその恐怖を伝える様は、まるでホラー映画。 ジャンル映画を独自の発想で別なものに塗り替えてきた気鋭の映画監督ジョナサン・グレイザーは、二つの世界に横たわる底なしの闇を思いがけない撮影手法を駆使し淡々と見せてゆく。 ジョナサン・グレイザー監督作『関心領域』はスティーブン・スピルバーグが自らの代表作『シンドラーのリスト』(1993年)以来、現れたベスト・ホロコースト映画と褒め称えている。、ドキュメンタリーでも見ているかのように主観を排した撮影スタイル、夜間撮影は赤外線カメラを使う驚愕すべき撮影手法、気鋭の監督ジョナサン・グレイザーを最も有名にした映像作品とは?、『ヴァーチャル・インサニティ』、ジャミロクワイ、The Zone of Interest、ジョナサン・グレイザー、クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー、ヨハン・カルトハウス、ルイス・ノア・ウィット、ネル・エランスマイヤー、リリ・ファルク、メデゥーサ・ノフ、マックス・ベック、ステファニー・ペトロウィッツ、 イモーゲン・コッフ、ラルフ・ハーフォース、ダニエル・ホルズバーグ、フレイヤ・クロイツカム、マリー・ローザ・ティーティエン、

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』

ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語、The Wonderful Story of Henry Sugar、ウェス・アンダーソン、ベネディクト・カンバーバッチ、レイフ・ファインズ、ルパート・フレンド、ベン・キングズレー、リチャード・アイオアディ、デーヴ・パテール 、Netflix、ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語』、映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)の原作者であり、奇怪な児童文学を手掛けてきた作家ロアルド・ダールの短編小説「奇才ヘンリー・シュガーの物語」をウェス・アンダーソン監督が短編作品として実写映像化。 ショート・ムービーとはいえ、招聘されたヴェネチア国際映画祭ではアウト・オブ・コンペ作品として上映され、正式上映後は4分間のスタンディング・オベーションで熱狂的に讃えられた。、ロアルド・ダール✖️ウェス・アンダーソンは、奇妙な蜜の味

ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュ...

new year、ニューイヤー、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、お正月、wallpaper、壁紙、cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2024年

2024年 お正月 VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!