• ロック画面
フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

カイト・サーフィン、ウォータースポーツのプロ選手、ブダペスト、見知らぬ土地に引っ越してきた女性の身に降りかかる謎の隣人による覗きとストーキングから始まる恐怖をホラータッチで描いてゆくスリラー。、姿なきストーカーの恐怖‼︎、マイカ・モンロー、カール・グルスマン、バーン・ゴーマン、クロエ・オクノ、ウォッチャー、Watcher、

姿なきストーカーの恐怖‼︎『ウォッチャー』

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

ジェーン・オースティンの「プライドと偏見」がモチーフ、恋人いない歴30年、ニューヨーク州、ロングアイランド、ゲイ・コミュニティの若者たちが集うリゾートの島、ファイアー・アイランドで繰り返されるダンス・パーティ、カラオケにお茶会?奔放な夏を通して、出会い、友情、そして別れ、忘れることのない夏の思い出が綴られてゆく、夏の思い出はビター・スウィート、青春ラブ・コメ、Disney +、ジョエル・キム・ブースター、ボウエン・ヤン、マーガレット・チョー、コンラッド・リカモラ、ジェームズ・スカリー、マット・ロジャース、トーマス・マトス、トリアン・ミラー、ニック・アダムス、アンドリュー・アーン、ファイアー・アイランド、Fire Island、

夏の思い出はビター・スウィート、青春ラブ・コメ『ファイアー・アイランド』

一度見たら、忘れられないグラバーの奇怪なマスクは数タイプあり、『ゾンビ』の生みの親ジョージ・A・ロメオを支えた特殊メイク・アーティスト、『13日の金曜日』などを手がけてきたトム・サヴィーニによるマスター・ピースともいえるもの。、トム・サヴィーニによるグラバーの奇怪なマスク・デザイン、原作は、スティーブン・キングを父に持つジョー・ヒルの短編小説 、スコット・デリクソン監督は『ドクター・ストレンジ/マルチ・バース・オブ・マッドネス』を降板して、その反動でブラムハウスと手を組み本作を監督してシュールで奇怪な傑作ホラーを作り上げ、死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、ジェレミー・デイビス、ジェームズ・ランソン、バンクス・レペッタ、スコット・デリクソン、ブラックフォン、The Black Phone、

死者からの電話は救済なのか⁉︎ 血も凍るサイコ・スリラー『ブラックフォン』