• ワイン
ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』

ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語、The Wonderful Story of Henry Sugar、ウェス・アンダーソン、ベネディクト・カンバーバッチ、レイフ・ファインズ、ルパート・フレンド、ベン・キングズレー、リチャード・アイオアディ、デーヴ・パテール 、Netflix、ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語』、映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)の原作者であり、奇怪な児童文学を手掛けてきた作家ロアルド・ダールの短編小説「奇才ヘンリー・シュガーの物語」をウェス・アンダーソン監督が短編作品として実写映像化。 ショート・ムービーとはいえ、招聘されたヴェネチア国際映画祭ではアウト・オブ・コンペ作品として上映され、正式上映後は4分間のスタンディング・オベーションで熱狂的に讃えられた。、ロアルド・ダール✖️ウェス・アンダーソンは、奇妙な蜜の味

ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュ...

バイクに跨った狂気のアーバン・ロデオ『Rodeo ロデオ』、バイクを偏愛するアウトロー、ジュリアが男ばかりの反社会的なバイカーの組織「クロスビトゥーム」に仲間入りしたことから巻き起こる波乱。 監督はジェンダー・ニュートラルの時代に現れた既存のフランス映画界の常識を一掃した感のある新時代を代表するローラ・キヴォロン。 インスタグラムから見出されたインフルエンシャルなアウトロー・ライダーだが、演技未経験のジェリー・ルドリューの何をやらかすか分からない暴発性の疾走感ある破壊の天使っぷりに圧倒される。、ほぼ素人だけで構成された役者陣によるドキュメンタリー・チックな作風、、第75回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・Jury Coup de Coeur(一目ぼれ賞)受賞・ローラ・キヴォロン、Rodeo ロデオ、ローラ・キヴォロン、ジェリー・ルドリュー、ヤニス・ラフキ、アントニア・ブレジ、コーディ・シュローダー、ルイ・ソットン、ジュニア・コレイア、アハメッド・ハムディ、ダブ・ンサマン、ムスタフ・ディアンカ、モハメド・ベッタアール、クリス・マコディ、ジャンニ・カイラ、クエンティン・アリジ、ブリジ・ストラエイリ、セバスティアン・シュローダー 、

バイクに跨った狂気のアーバン・ロデオ『Rodeo ロデオ』

猫たらしな男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』、インフルエンサーをしながら俳優業に磨きをかけているネイサン、エンジニアとして生計を立てるジェフ、路上生活者のデイビッド、愛猫に"炎"と名付けた消防士のジョーダン。 猫たちとの生活に幸せを見つけた様々なライフスタイルの男たち。 生活が一変したコロナ禍を愛猫と乗り越えながら、相棒であり、家族でもある猫と人間の愛情物語を切り取った猫好き必見の心温まるドキュメンタリー。、マイ・ホン、ネイサン・ケーン、デビッド・ジョバンニ、ライアン・ロバートソン、猫、ネコ、cat

猫に恋した男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』

雨降って、ジ・エンド、彼女はなぜ、猿を逃したか?、高橋泉、廣末哲万、群青いろ、映画、自主映画、hiromasahirosue、izumitakahashi、gunjoiro、稀代の映像ユニット「群青いろ」が描く世界の色あい、20年前に産声をあげた高橋泉と廣末哲万のコンビからなる自主映画ユニット「群青いろ」。 以来、互いに嫉妬する時も経て、特に喧嘩をすることもなく二人三脚で表現したいことを映画に定着させてきた。 そして、17年ぶりの劇場公開作となる『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と2022年のTOKYO FILMEXで一回だけプレミア上映された『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)も初めて劇場公開される運びとなり、この機会に二人への動画インタビューを行った。 商業映画の世界で脚本家としてのキャリアを積んできた高橋泉による脚本は変わらない「群青いろ」の剥き出しの情熱に確かな硬度を与え、廣末哲万による時にどっちにブレるのか全く予想がつかないカミソリのような鋭さを持つ柔和な演技も健在である。 今回の2作品連続上映は、彼らのキャリアのフェイス・リフトなのか? リブートなのか? それとも2020年代以降への新たな狼煙か? インタビューを通して紐解いてみたい。

稀代の映像ユニット「群青いろ」が描く世界の色あい