• ヴィオラ・デイヴィス
レナータ・デ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、ヘレナ・ベッカー、カヤ・ロドリゲス、ルリ・ゲルべス、The Pink Cloud、ピンク・クラウド、ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎、人の命を奪うピンク色の雲が覆う世界。ステイ・ホームを余儀なくされている現在のコロナ禍で起きるかもしれない近未来への示唆に富んだ、時代を先取りしたSFパニック・テラー、猛毒のピンク色の雲とコロナ・ウィルスという違いはあるが、現在の隔離生活を余儀なくされている人々が目の当たりにしている以前とは全く変わってしまった窮屈な生活を予見したストーリー内容となっている。、

ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎『ピンク・クラウド』

アカデミー賞受賞俳優が、クリスチャン・ベール、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロと三人も揃い、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アニャ・テイラー=ジョイといったピンでも行ける今、まさに旬の俳優、そして、世界的な歌姫テイラー・スウィフト、大御所マイク・マイヤーズまでも拝めるとあって、とにかくスクリーンから目が離せないこと必至である。、まるで幕の内弁当のように揃いにそろった豪華で才能溢れるキャスト陣、大手ビジネスマンや銀行家により筋書きが書かれたアメリカ国家を揺るがすクーデターが元ネタ、第一次世界大戦後のオランダ、アムステルダムで固い絆に結ばれた三人の男女が殺人事件の濡れ衣を着せられてしまう。やがて三人の知恵と運頼みで巨大な陰謀と対峙してゆく。目も眩むばかりの超豪華すぎる出演陣とアカデミー賞常連監督のデヴィッド・O・ラッセルによるほぼ実話を盛り込んだコメディ・タッチの社会派クライム・ドラマ、ほぼ実話の愛と友情のトライアングル・クライム・ドラマ、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アレッサンドロ・ニヴォラ、アンドレア・ライズボロー、アニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ロック、マイケル・シャノン、マイク・マイヤーズ、テイラー・スウィフト、ゾーイ・サルダナ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロ、ティモシー・オリファント、マティアス・スーナールツ、デヴィッド・O・ラッセル、アムステルダム、Amsterdam、

ほぼ実話の愛と友情のトライアングル・クライム・ドラマ『アムステルダム』

すべてうまくいきますように、Everything Went Fine、フランソワ・オゾン、ソフィー・マルソー、アンドレ・デュソリエ、シャーロット・ランプリング、ジェラルディーヌ・ペラス、エリック・カラヴァカ、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、すべての人に訪れる死について家族の愛とは何かを問いかける、名匠フランソワ・オゾンが描く誰にでも訪れる死と残された家族との別れ。 もしもそれが安楽死だとしたら?最期の日を決めた父と娘たちの運命は想像を超えた結末へと向かってゆく。 全ての人々へ問いかける涙とユーモアあふれる感動の物語。、オゾンの代表作『スイミング・プール』脚本家エマニュエル・ベルンエイムの自伝的小説の映画化、ソフィー・マルソーが演じる主人公の女性エマニュエル・ベルンエイムは、その名の通り、小説家その人

すべての人に訪れる死について、家族の愛とは何かを問いかける『すべてう...

7代目007、新ジェームズ・ボンドは誰なのか?、過去60年もの間、続いてきた英国諜報機関MI6の007(ダブル・オー・セブン)のコードネームを持つシークレット・エージェント、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ・アクション『007』シリーズは、ダニエル・クレイグの降板を機に様々なネクスト・ボンドが予想されている。 ブック・メーカー、ウィリアム・ヒルからも予想オッズが数年前から登場し、誰がその大役を射止めつのか?その予想は 日々、変わり続けている。 7代目の発表の時期は迫ってきている。 果たして誰がニュー・ボンドとなるのか?、ネクスト・ボンドになるための条件とは?、アーロン・テイラー=ジョンソン、ジェームズ・ノートン、リチャード・マッデン、レジ=ジーン・ペイジ、

7代目007、新ジェームズ・ボンドは誰なのか?

シャドウプレイ 完全版、The Shadow Play、ロウ・イエ、ジン・ボーラン、チン・ハオ、ソン・ジア、マン・スーチュン、チャン・ソンウェン、ミシェル・チェン、エディソン・チャン、激変する中国を舞台にした愛と欲望のハード・クライムノワール、その物議を醸す作風から世界的な評価を得ている中国の鬼才ロウ・イエ監督が、2013年、改革開放が進み官民の腐敗も広がった中国・広州市で起きた都市開発を巡る汚職事件の実話を下敷きに、80年代末からの現代までの30年間を男女三人のドロドロの愛憎劇を縦軸にして、若き熱血警官が運命の渦に飲み込まれながらも果敢に難事件の解決に挑んだハード・クライムノワール。息もつかせぬサスペンスフルな映像美と複雑な感情が入り乱れる人間ドラマの構成は圧巻である。本作は2019年に東京フィルメックスのオープニング作品として上映されたバージョンに検閲によりカットされた5分間を追加した完全版となる。、リアリティとダイナミズムが混在するロウ・イエ独自の映像世界、撮影を担当したのは通称"第2のクリストファー・ドイル" とあだ名される1975年生まれのアメリカ人、ジェイク・ポロック、ウォン・カーワァイがエグゼクティブプロデューサーを務め、カーウァイ作品のスチルカメラマンとして経験を積んできたウィン・シャがファッション・ブランド、イヴ・サンローランの映像プロジェクトでメガホンをとったショートムービー『A NIGHT IN SHANGHAI』、ロウ・イエの新作は、コン・リー主演、オダギリジョー共演のスパイサスペンス作品が公開待機中で、次作も製作中と今後も精力的に活動するロウ・イエの映像作品からは目を離せない。、

激変する中国を舞台にした愛と欲望のハード・クライムノワール『シャドウ...