• ヴィン・ディーゼル
ボーンズ アンド オール、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ アンド オール』

レナータ・デ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、ヘレナ・ベッカー、カヤ・ロドリゲス、ルリ・ゲルべス、The Pink Cloud、ピンク・クラウド、ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎、人の命を奪うピンク色の雲が覆う世界。ステイ・ホームを余儀なくされている現在のコロナ禍で起きるかもしれない近未来への示唆に富んだ、時代を先取りしたSFパニック・テラー、猛毒のピンク色の雲とコロナ・ウィルスという違いはあるが、現在の隔離生活を余儀なくされている人々が目の当たりにしている以前とは全く変わってしまった窮屈な生活を予見したストーリー内容となっている。、

ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎『ピンク・クラウド』

クレッガー監督の友人ジョーダン・ピールからの影響が色濃い予想を覆す展開のストーリー、Airbnbの文字を並べ替えたかのようなタイトル"Barbarian"、どこにでもあるごく普通の質素で可愛らしい家系の民泊に宿泊したことから予想もつかないおぞましい恐怖が待ち受ける超感覚派民泊ホラー、絶対!泊まってはいけない民泊ホラー、ジョージナ・キャンベル、ビル・スカルスガルド、ジャスティン・ロング、マシュー・パトリック・デイビス、リチャード・ブレイク、ジェームズ・バトラー、ケイト・ボスワース、サラ・パクストン、カート・ブローノーラー、ソフィー・ソレンセン、J・R・エスポジト、ザック・クレッガー、バーバリアン、Barbarian、

絶対!泊まってはいけない民泊ホラー『バーバリアン/Barbarian(原題)』

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語、ネタばれ、『ラ・ラ・ランド』で名を馳せたデイミアン・チャゼル監督最新作はサイレント映画が一世を風靡するハリウッド黄金時代を舞台にブラッド・ピット、マーゴット・ロビーを迎え、トーキー映画の時代がやってくる激動の映画界を生きる男女の夢を描く!絢爛豪華な音楽エンターテインメント。、『バビロン』の映画化企画がなければ、名作『ラ・ラ・ランド』(2016年)は生まれなかった!、エマ・ストーンがあまりにもスキャンダラスな私生活から後にハリウッドを追われたクララ・ボウという実在の女優をこの『バビロン』で演じる予定だった、『ラ・ラ・ランド』でスターとなったエマ・ストーン、二枚看板のブラッドとマーゴットは共演3作目だが、実は顔を合わせるのは初!、本作『バビロン』での共演は本当の意味での初共演、ミュージカル

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語...

netflix、Mr. Harrigan's Phone、ハリガン氏の電話、スティーブン・キング、ジェイデン・マーテル、ドナルド・サザーランド、ホラー

大富豪の老人の死後もiPhoneで繋がり続けた少年の奇譚『ハリガン氏の電話』