• 南の島
MEN 同じ顔の男たち、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『MEN 同じ顔の男たち』

レナータ・デ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、ヘレナ・ベッカー、カヤ・ロドリゲス、ルリ・ゲルべス、The Pink Cloud、ピンク・クラウド、ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎、人の命を奪うピンク色の雲が覆う世界。ステイ・ホームを余儀なくされている現在のコロナ禍で起きるかもしれない近未来への示唆に富んだ、時代を先取りしたSFパニック・テラー、猛毒のピンク色の雲とコロナ・ウィルスという違いはあるが、現在の隔離生活を余儀なくされている人々が目の当たりにしている以前とは全く変わってしまった窮屈な生活を予見したストーリー内容となっている。、

ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎『ピンク・クラウド』

ナイブズ・アウト グラス・オニオン、Glass Onion: A Knives Out Mystery、ライアン・ジョンソン、ダニエル・クレイグ、エドワード・ノートン、キャスリン・ハーン、ジェシカ・ヘンウィック、ケイト・ハドソン、ジャネール・モネイ、レスリー・オドム・Jr.、マデリン・クライン、デイヴ・バウティスタ、イーサン・ホーク、ヒュー・グラント、スティーヴン・ソンドハイム、ナターシャ・リオン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、セリーナ・ウィリアムズ、Netflix、絶海の孤島でのミステリーを解明する名探偵ブノワ・ブラン・シリーズ第2弾!、ダニエル・クレイグが名探偵ブノワ・ブランを演じるミステリー『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019年)の続編。妹の殺害を調査するために姉に雇われたブノワ・ブランだったが、招待された絶海の孤島で起こる殺人ゲームに巻き込まれる。真犯人は一体、誰なのか?名探偵ブノワ・ブランは難事件解決に奔走する。、新型コロナ・ウィルスの時代という設定で撮影された初めてのメジャー映画、Netflixの配信前に全米で劇場公開された初めての作品

絶海の孤島でのミステリーを解明する名探偵ブノワ・ブラン・シリーズ第2...

ウーマン・トーキング 私たちの選択、Woman Talking、サラ・ポーリー、ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショー、フランシス・マクドーマンド、第95回アカデミー賞・ノミネート:脚色賞・サラ・ポーリー、作品賞、実話にインスパイアされた衝撃の物語、平和だったはずの村で起きていた女性たちへのレイプ事件は、実は村の男性たちによるものだった! 事実を知った女性たちは、男性たちがいない間、今後の相談のために屋根裏部屋に集会するのだが、話し合いは多岐に渡ってゆく・・・。 ボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件を題材に舞台を架空の場所に置き換え、性被害に遭った女性たちの真剣な話し合いを描いてゆく。、絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観、南米のボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件をベースに執筆されたミリアム・トーズの2018年発表の同名小説。、監督のサラ・ポーリーは、本作の絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観を表現すべく、カラーグレーディングに依って、画面を限りなくモノクロに近い褪せた色合いの世界を作り上げた、サラ・ポーリーにとって実に10年ぶりの監督最新作、サラ自身もまた『ウーマン・トーキング』の性被害に遭った者の一人なのだという強いメッセージを内包している

実話にインスパイアされた衝撃の物語『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

SHE SAID シー・セッド その名を暴け、She Said、マリア・シュラーダー、キャリー・マリガン、ゾーイ・カザン、パトリシア・クラークソン、アンドレ・ブラウアー、ジェニファー・イーリー、アンジェラ・ヨー、サマンサ・モートン、#MeToo運動が爆発する発端となったハリウッドを震撼させた衝撃のスクープサスペンス、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『恋におちたシェイクスピア』『英国王のスピーチ』等、数々の名作を生み出したディズニー傘下のミラマックス・フィルムズを廃業し、ワインスタイン・カンパニーとして、更に話題の商業映画を量産してきた名映画プロデューサーの名を欲しいままにしてきたハーヴェイ・ワインスタインとボブ・ワインスタインの兄弟。 だが、2017年「ニューヨーク・タイムズ」紙が報じた1つの痛烈な記事が世界中で社会現象を巻き起こした。その内容とは、誰も語りたがらなかったハーヴェイ・ワインスタインが製作した映画出演女優、女性スタッフ、女優志願者へのセクハラ・性的暴行事件。 このことをキッカケに映画業界のみならず国を超えて性犯罪の被害の声を促し、#MeToo運動が爆発した。 後にピューリッツアー賞を受賞するこの調査報道を行った2人の女性記者の目を通して描かれるハリウッドの巨大権力に挑んだ特大スクープサスペンス。、「ニューヨーク・タイムズ」紙の調査報道記者、女性や子供の問題が得意分野のミーガン・トゥーイー(キャリー・マリガン)と職場問題が専門のジョディ・カンター(ゾーイ・カザン)。、ジャーナリスト史上最高の名誉、ジョージ・ポルク賞、そしてピュリッツァー賞公益部門を受賞したノン・フィクションの映画化、だが、「ニューヨーク・タイムズ」紙は、すでに2004年からハーヴェイ・ワインスタインの性暴力事件は掴んでいたとされている。、主演のキャリー・マリガンとゾーイ・カザンは、実はプライベートでも大親友同士、主人公ミーガンとジョディを演じたキャリー・マリガンとゾーイ・カザンは、プライベートでも14年もの友情を育んできた。、ユニークな存在を放ち続ける俳優ポール・ダノをパートナーに持ち生粋の名門映画一家育ちのゾーイ、近年、メキメキと現代アメリカ社会を象徴する演技派女優として、唯一無二のキャリアを積み上げているキャリー・マリガン。

#MeToo運動が爆発する発端となり、ハリウッドを震撼させた衝撃のスクープ...