• 実話
良識と民主主義、そして平和共存を求めた人、エクトル・アバド・ゴメス 本作の原作は、エクトル・アバド・ゴメス博士を父に持つエクトル・アバド・ファシオリンセが父、ゴメス博士の波乱万丈の生涯を息子の視点から綴った回想録で世界的ベストセラー小説となった「父の思い出/El olvido que seremos(原題)」 、1970年代、麻薬カルテルが台頭するコロンビアの「メデジン」、 自由を声高に謳う、医師である父の波乱の人生をその息子が見つめ続けた感動の物語、真の自由を求め続けた父の波乱の生涯、ハビエル・カマラ、ニコラス・レイズ・カノ、フアン・パブロ・ウレゴ、パトリシア・タマヨ、マリア・テレサ・バレート、ラウラ・ロンド―ニョ、エリザベス・ミノッタ、カミ・セア、ルシアナ・エチェベリ、カミラ・サラテ、ウィット・スティルマ、フェルナンド・トルエバ、Memories of My Father、あなたと過ごした日に、

真の自由を求め続けた父の波乱の生涯『あなたと過ごした日に』

天安門事件では軍隊によって自由への夢が打ち消されてゆく様を目撃し、自らを脱走兵と自認する林耀強、文化大革命から逃れるために香港に向かって、海峡を恋人と共に泳ぎ渡った陳克治、幼い頃の愛国心から犯した罪を悔やむ引退した元ビジネスマン石中英、激動の三つの時代を生きた実在する3人の思いが現在の急速に自由が失われてゆく香港の現状と市民運動に参加する若者たちの熱きハートに繋がってゆく。気鋭の映像作家チャン・ジーウンによるドラマとドキュメンタリーの融合で香港への思いを綴ってゆく、香港のアイデンティティとは何なのか?、チャン・ジーウン、Blue Island、Blue Island 憂鬱之島、

香港のアイデンティティとは何なのか?『Blue Island 憂鬱之島』

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『メン』

モレッティは、舞台をローマへと置き換え、イタリアン・テイストのローカライズを行った、原作ではテルアビブにある高級アパートが舞台、イスラエルの小説家エシュコル・ネヴォの小説「スリー・フロアーズ・アップ」を翻案、ナンニ・モレッティ初の原作ものの映画化!、今までオリジナル脚本以外、撮ることはなかったカンヌ映画祭常連のイタリアの至宝ナンニ・モレッティ監督にとって初めての原作物の映画化は、現代的背景の中で描かれる3つの家族の肖像、イタリアの名匠ナンニ・モレッテイが解く人生の謎についての苦楽、リッカルド・スカマルチョ、マルゲリータ・ブイ、アルバ・ロルヴァケル、アドリアーノ・ジャンニーニ、エレーナ・リエッティ、ナンニ・モレッティ、デニース・タントゥッチ、アレッサンドロ・スペルドゥーティ、アンナ・ボナイウート、3つの鍵、Three Floors、ナンニ・モレッティ、

イタリアの名匠ナンニ・モレッテイが解く人生の謎についての苦楽『3つの鍵』