• 家族愛
他者には頑なに沈黙を貫き通した場面緘黙(かんもく)症の一卵性双生児の奇妙なライフ・スタイルを描く唯一無二のノンフィクション 衝撃の映画化!、もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー、レティーシャ・ライト、タマラ・ローレンス、ジョディ・メイ、マイケル・スマイリー、ジャック・バンデイラ、トレヴァ・エチエンヌ、トニー・リチャードソン、デクラン・ジョイス、アマーラ・ジェイ・スト・オービン、イーワ・ロダート、アグニェシュカ・スモチンスカ、ポーランド、The Silent Twins、ザ・サイレント・ツインズ、

もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー...

ユートピアの町、ヴィクトリー、ヴィクトリー・プロジェクト、女優であり、監督業にも進境著しいオリヴィア・ワイルドの最新作は、グラマラスな1950年代アメリカの桃源郷のようなデザートの町を舞台に密かに行われている極秘実験の恐るべき謎を主演に『ミッドサマー』の絶叫女優フローレンス・ピューを得て描くスタイリッシュな意欲作!、そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー、フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ、オリヴィア・ワイルド、クリス・パイン、ジェンマ・チャン、キキ・レイン、ニック・クロール、オリヴィア・ワイルド、Don't Worry Darling、ドント・ウォーリー・ダーリン、

そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー『ドント・ウォーリー・...

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...

今後の活躍が期待される才能溢れる27歳の監督クイン・シェパードに要注目!、子役からスタートした27歳の女優クイン・シェパードが自ら書いたオリジナル・ストーリーでメガホンをとった監督最新作!得意の画像加工であたかもパリにいるかのような日記投稿で人気者となった女の子がひょんな事から時の人となってゆくサクセス・ストーリーからの奈落の底への転落の人生を描いた現代で実際に起こりうる野心作、SNS映えのために嘘を嘘で塗り固めた女の子が辿る末路…、Disney +、ゾーイ・ドゥイッチ、ディラン・オブライエン、ミア・アイザック、ティア・ディオンヌ・ホッジ、ナディア・アレクサンダ 、クイン・シェパード、ノット・オーケー!、Not Okay、

SNS映えのために嘘を嘘で塗り固めた女性が辿る末路…『ノット・オーケー!』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』