• 復讐
世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』、IMFエージェント、イーサン・ハントに与えられた最も過酷な究極のミッション。 それは、仲間を一人も失わずに全人類を脅かす新兵器が悪の手に渡る前に奪取すること。 本作では、第1作に遡るキャラクターも登場し、イーサン・ハントにとって、抗うことのできない謎めいた過去と対峙せざるを得なくなる。 『ミッション・インポッシブル』シリーズを締めくくる最終章は、PART ONEとPART TWOに分かれる。 トム・クルーズがイーサン・ハントを演じるのは、PART TWOで最後となる。 MIシリーズ、そして、俳優トム・クルーズにとって、最高のものとするべく、膨大な製作費をかけ、緻密なストーリー、今まで以上に激しいスタント・アクションも披露したPART ONEは、シリーズ最長の2時間43分。 PART TWOで一体?どんなことがスクリーン上で起きるのか? すでに待ち遠しくて仕方がない。、ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE、Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One、クリストファー・マッカリー、トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティエフ、ヴァネッサ・カービー、サイモン・ペッグ、シェー・ウィガム、ケイリー・エルウィス、ヴィング・レイムス、イーサイ・モラレス、ヘンリー・ツェニー、シリーズ最高額の製作費を賭けたトム・クルーズの俳優キャリアの総決算的な作品

世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション...

ポストアポカリプス系サバイバルSFホラー、アーケディアン、Arcadian、ニコラス・ケイジ主演最新作は、現代文明が滅びた後、生き残った人間と夜ごと襲ってくる得体の知れない"何か"との死闘を描いたSFホラー。 監督は、ニコラス・ケイジ主演で汚職警官を描いたクライム・サスペンス『ダーティー・コップ』(2016年)で兄弟監督としてデビューし、本作で再びニコラス・ケイジと組んだ新鋭ベンジャミン・ブリューワー。、ニコラス・ケイジというつかみどころのない名優、マイケル・ニーロン、ベンジャミン・ブリューワー、ニコラス・ケイジ、ジェイデン・マーテル、マックスウェル・ジェンキンス、セイディー・ソーヴラル

ポストアポカリプス系サバイバルSFホラー『アーケディアン/Arcadian』

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル! 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

SFロマンティック・コメディ『アステロイド・シティ』、ウェス・アンダーソン監督最新作は、いつものアンダーソン組のメンツに加えて、オスカー常連組の豪華なキャストがこれでもかと登場するまさにスターだらけの町を砂漠に作り上げた。 架空のデザート、アステロイド・シティに全国から集まってきた様々な人々によるシュールな人間模様と次第に明かになってくる世界を揺るがす一大事とは・・・? 珠玉のアンダーソン・ワールド全開で贈るSFロマンティック・コメディ!、オスカー受賞者4名とノミネート経験者が10名もいる豪華出演陣!、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門出品作、ウェス・アンダーソン、ジェイソン・シュワルツマン、スカーレット・ヨハンソン、トム・ハンクス、ジェフリー・ライト、ティルダ・スウィントン、ブライアン・クランストン、エドワード・ノートン、エイドリアン・ブロディ、リーヴ・シュレイバー、ホープ・デイヴィス、スティーヴ・パーク、ルパート・フレンド、マヤ・ホーク、スティーヴ・カレル、マット・ディロン、ホン・チャウ、ウィレム・デフォー、マーゴット・ロビー、トニー・レヴォロリ、ジェイク・ライアン、ジェフ・ゴールドブラム、ソフィア・リリス、リタ・ウィルソン、ジャーヴィス・コッカー、フィッシャー・スティーヴンス、ボブ・バラバン、

SFロマンティック・コメディ『アステロイド・シティ』

親密すぎる少年たちの痛みを伴う成長譚、大親友同士の13歳の少年二人の関係が環境の変化と共に移り変わりゆく様を描きながら、友人関係とは? そして大人になってゆくことで失われてゆくこと、生じてくる責任や自覚について語られてゆく。 少年たちの心の揺らぎを真摯に捉えた感動の成長物語。、同性愛疑惑、アイスホッケー、監督に電車で見初められたラッキーボーイのエデン、ホックニーの名画が本作の創造の源泉、第95回アカデミー賞・ノミネート:国際長編映画賞(ベルギー選出)、CLOSE クロース、Close、ルーカス・ドン、エデン・ダンブリン、グスタフ・ドゥ・ワエル、エミリー・ドゥケンヌ、レア・ドリュッケール、ケヴィン・ヤンセンス、

親密すぎる少年たちの痛みを伴う成長譚『CLOSE クロース』